SEIBUNDO mook<br> デザインノート 〈No.91〉 - 最新デザインの表現と思考のプロセスを追う デザインが上手くなる「文字選び」と「文字組み」。

個数:

SEIBUNDO mook
デザインノート 〈No.91〉 - 最新デザインの表現と思考のプロセスを追う デザインが上手くなる「文字選び」と「文字組み」。

  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 誠文堂新光社(2020/05発売)
  • ポイント 16pt
  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2021年01月26日 05時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4変判/ページ数 128p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784416520673
  • NDC分類 674.3
  • Cコード C9470

出版社内容情報

特集:もっと上手くなる「文字選び」&「文字組」グラフィックデザインを制作する上で、ターゲット(あるいはクライアントの要求)に対して、しっかりとした理由のある「文字選び」と、可読性が高いだけでなく、媒体の目的やムードを十分に伝える「文字組」が備わっていると、より効果の高いデザインに仕上がります。ただ、デザイン制作の現場の声を聞くと、要の「文字選び」、「文字組」に苦慮するというデザイナーたちの声が多いのも事実です。本特集では、なぜその「文字を選び」、その「文字組」にするのかを、エディトリアル(雑誌)、ポスター、セールスプロモーションツールなどあらゆるデザインにおいて、卓越したスキルを持って、見る者に感動を与えるアートディレクターやデザイナーが登場し、彼らの仕事から実際に使える「文字選び」と「文字組」の最良の技法を学べる1冊となります。「文字選び」広告やモバイルなど、様々な媒体で目にする文字。文字は読まれてこそ、意味があります。和文・欧文の著名な書体デザイナーを徹底取材します。彼らがディレクションした書体の設計意図や込められた思いを伺い、文字に対する審美眼を鍛えます。取材先:鳥海修、小林章 (予定)「文字組」読みやすく、読者の読むリズムを邪魔しない美しい文字組は、デザインお良し悪しを左右する重要な要素です。卓越した文字組で知られるアートディレクターの仕事から、文字組上達の極意を引き出します。取材先:工藤強勝、菊池敦己、柿木原政広、川名潤、佐藤亜沙美(予定)