基本セオリーがわかる花のデザイン 基礎科〈2〉歴史から学ぶ―伝統を知り、新しい表現に活かす

個数:

基本セオリーがわかる花のデザイン 基礎科〈2〉歴史から学ぶ―伝統を知り、新しい表現に活かす

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年07月05日 16時45分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 143p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784416518908
  • NDC分類 627.9
  • Cコード C0076

内容説明

豊富な作例とイラストで要点が理解できる、花を活ける人必携のベーシックテキスト。

目次

1 空間を操作する(バウハウスと「空間分割」;即物主義的 ほか)
2 伝統スタイルで学ぶ(クラシックフォームの歴史;イギリスの伝統 ほか)
3 植物から誕生した構成(「空間と動き」自然界からの抽出;骨組み ほか)
4 花束(「プロポーション」「テクニック」;モダンプロポーション(ブーケホルダテクニック) ほか)
5 図形的(グラフィック)(植物で「図形的」を表現する;始まりのグラフィック ほか)

著者等紹介

磯部健司[イソベケンジ]
花職向上委員会委員長。フローリストアカデミー代表、株式会社花の百花園取締役。1997TOY世界大会優勝。各種団体の講師を務め、花のデザインだけでなく、花職向上のためプロに向けた指導に力を注ぐ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

花をデザインするときの想いや考え、理論、技術といった基礎をまとめたシリーズ。花のデザイン独自に発展してきた歴史について解説。花職(花を扱うすべての人たち)の知識や技術、地位の向上を目指す全国組織「花職向上委員会」が、
花を生けたり、デザインするにあたっての想いや考え、理論、技術といった基礎をまとめたシリーズ。

本書は、「歴史から学ぶ」ことをテーマに、花のデザイン独自に発展してきた歴史について解説しています。
伝統的なアレンジメントのパターンから学びとれる情報を掲載し、歴史を学びつつ、現代に活かす方法までを幅広く紹介しています。

本シリーズは、初心者から上級者まで、すべての方々を読者対象としていますが、
難しくなりがちなフラワーデザインの理論をイラストやビジュアルを用いてわかりやすくまとめているため、
初心者向けのテキストとしても最適です。
基礎中の基礎が学べる一冊です。

■目次
Chapter1 空間を操作する…バウハウスと「空間分割」
Chapter2 伝統スタイルで学ぶ…「クラシックフォーム」の歴史
Chapter3 植物から誕生した構成…「空間の動き」自然界からの抽出
Chapter4 花束…「プロポーション」「テクニック」
Chapter5 図形的(グラフィック)…植物で「図形的」を表現する

*******************************************************************

Chapter1 空間を操作する…バウハウスと「空間分割」
Chapter2 伝統スタイルで学ぶ…「クラシックフォーム」の歴史
Chapter3 植物から誕生した構成…「空間の動き」自然界からの抽出
Chapter4 花束…「プロポーション」「テクニック」
Chapter5 図形的(グラフィック)…植物で「図形的」を表現する

磯部 健司[イソベ ケンジ]
著・文・その他

花職向上委員会[ハナショクコウジョウイインカイ]
編集