北洋伝承黙示録―『東日流外三郡誌』の謎を解く

個数:

北洋伝承黙示録―『東日流外三郡誌』の謎を解く

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月17日 12時30分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 286p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784787797148
  • NDC分類 212.1
  • Cコード C1021

内容説明

『東日流外三郡誌』はあそべ族、つぼけ族、あらはばき族などの津軽の古代から中世・近世にかけての興亡を克明に描写した奇書である。現代人の手になる偽書との攻撃がはげしいが、謎の著者・秋田孝季の正体をつきとめ、偽書説に一矢をむくいる。

目次

序章 ある奇書を巡る闇
第1章 「古代」を伝承したのは誰か
第2章 三内丸山遺跡
第3章 秀吉、家康時代の秋田家
第4章 『赤蝦夷風説考』と湊源左衛門
第5章 松前藩の内訌
第6章 二人の秋田孝季
第7章 湊源左衛門の執念
第8章 『東日流外三郡誌』の中世
第9章 安倍の怨霊
第10章 『東日流外三郡誌』は果して偽書か