• ポイントキャンペーン

子供の科学・サイエンスブックス
アンモナイトと三葉虫―大むかしのヘンな生き物のヒミツ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 95p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784416212813
  • NDC分類 K457
  • Cコード C0340

目次

アンモナイト(平面的にぐるぐる 定番のアンモナイトたち;立体的にぐねぐね 奇天烈!?異常巻きアンモナイト;これが本当の大きさ!実寸大巨大アンモナイト)
三葉虫(カンブリア紀の三葉虫 平たいヤツラ;オルドビス紀の三葉虫 成功者たち;オルドビス紀の三葉虫2 泳ぐのが得意;オルドビス紀の三葉虫3 頬トゲが目印;オルドビス紀の三葉虫4 4本の“剣”;オルドビス紀の三葉虫4 4本の“剣”;オルドビス紀の三葉虫5 全身ブツブツ;シルル紀の三葉虫 広いヤツラ;デボン紀の三葉虫 大きなレンズの持ち主;デボン紀の三葉虫2 ツノ持ちたち;デボン紀の三葉虫3 全身トゲだらけ;デボン紀の三葉虫4 本当に三葉虫?;デボン紀の三葉虫5 広~い尾部;これが本当の大きさ! 実寸大巨大三葉虫)

出版社内容情報

人気古生物アンモナイトと三葉虫を徹底図解。他の図鑑にはない珍しい種類がいっぱい。その生き様からからだのしくみまでよくわかる。

「ヘンな生き物」が活躍する時代へようこそ!

 恐竜と並んで、子供が興味をもつ古生物であるアンモナイトと三葉虫のしくみや種類を、どこよりもくわしく丁寧に開設した図鑑。良質な化石標本が、美しい写真で多数掲載されています。特に注目の種類については、実寸大でも掲載。その魅力としくみが、ビジュアルでよくわかる一冊です。
 掲載種数の多さも自慢。ほかの図鑑ではなかなかお目にかかれない珍しい種類を網羅しているので、アンモナイトと三葉虫に関しては、これが決定版と言っていいでしょう。
 からだのしくみほか、どのように暮らしていたかも丁寧に開設。へんな生き物の生態を追いながら、古生物が活躍する時代背景にもくわしくなれます。

はじめに
目次
本書で紹介する生物の年表 
1章 アンモナイト
1-1アンモナイト大集合
1-2アンモナイトのからだのしくみ 進化の流れでみるアンモナイト
1-3宝石のようなアンモナイト
1-4まっすぐなからだのアンモナイト
1-5定番のかたちをもつアンモナイト
1-6奇天烈!異常巻きな奴ら
1-7実寸大で体感 巨大アンモナイト
 
2章 三葉虫
2-1三葉虫大集合
2-2三葉虫のからだのしくみ
2-3三葉虫の防御姿勢 進化の流れで見るアンモナイト
2-4平たい三葉虫
2-5目が飛び出た三葉虫
2-6泳ぐの得意な三葉虫
2-7まるでツタンカーメン
2-8牛の角を持つ三葉虫
2-9トゲトゲなやつら
2-10ブツブツなやつら
2?11平たい三葉虫その2
2-12大きなレンズが並ぶ三葉虫
2-13さまざまな角
2-14まるで装甲車なやつら
2-15要塞のような突起に注目
2-16全身とげだらけの三葉虫
2-17実寸大で体感 巨大三葉虫
フィールドガイド こんなところで化石発見!(博物館ガイド)
あとがき

【著者紹介】
監修協力は、アンモナイトの標本数日本一の三笠市立博物館。別名「化石の博物館」と呼ばれる。