子供の科学・サイエンスブックス
やさしくわかる放射線―実験・観察で放射線を理解しよう!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 95p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784416113394
  • NDC分類 K429
  • Cコード C0340

出版社内容情報

放射線を科学の視点からわかりやすく理解する1冊です。

2011年3月1日の震災以降、ガイガーカウンターを買う方も増え、放射線や放射能に関する一般の意識が高まっています。
文部科学省より、中学校新学習指導要領理科第一分野に「放射線」に関する内容が組み込まれました。
本書は、小中学生に向けた「放射線」の本です。放射線とはなんなのか。実験では、放射線を目で見ることもできます。実験風景を写真で詳しく解説します。

【著者紹介】
山村紳一郎: 1956年東京生まれ。サイエンスライター。東海大学海洋学部海洋資源学科卒。『メカニズム・防災・予知すべてわかる地震』『顕微鏡大作戦』(以上、誠文堂新光社)、ほか著書多数。和光大学で非常勤講師を務める。

目次

第1章 放射線の正体(放射線はどこにある;原子力発電と放射線)
第2章 放射性物質のしくみ(放射性物質とは何だろう;放射線が出るしくみ)
第3章 放射線のしくみ(放射線の性質とはたらき;放射線の影響)
第4章 放射線発見物語(放射線の発見;放射線から核分裂へ)
第5章 利用される放射線(医療と放射線;産業と放射線;放射線でわかること)

著者等紹介

床次眞司[トコナミシンジ]
弘前大学被ばく医療総合研究所教授。早稲田大学大学院理工学研究科物理学および応用物理学専攻。博士(工学)。科学技術庁放射線医学総合研究所研究員、米国エネルギー省環境測定研究所客員研究員、(独)放射線医学総合研究所・環境放射能調査支援室長等を経て、2011年1月より現職。専門分野は放射性核種の放射線計測と線量評価

山村紳一郎[ヤマムラシンイチロウ]
サイエンスライター。和光大学非常勤講師。東海大学海洋学部海洋資源学科卒業。専攻は、岩石学。科学雑誌や書籍を中心に、サイエンスジャンルの取材執筆活動を展開。科学実験の紹介や開発・実演記事の製作・執筆活動、科学実験イベントのプロデュース、テクニカルディレクション、科学館の展示企画なども手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yasuko

0
放射線とはどんなものなのか、入門編として読んでみた。分かりやすいけど、ニュートリノだとか陽子だとかいまいちわからないところもあったので、そこらへんについてもう少し詳しい本を読みたいな。2014/03/22

三丁目の書生

0
 子ども向けの本だが、大人が読むに堪える。  放射線に知識がない大人が最初に読む一冊としていい。  本書でイメージをつかめば、一般向け解説書を読みやすくなる。2019/12/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7281381
  • ご注意事項