成美文庫<br> 自分の中の「男脳」「女脳」をこう生かそう!―意欲・ひらめき・洞察力は「感情脳」から生まれる

成美文庫
自分の中の「男脳」「女脳」をこう生かそう!―意欲・ひらめき・洞察力は「感情脳」から生まれる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 247p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784415068534
  • NDC分類 491.371
  • Cコード C0130

内容説明

生命力・活力の源(みなもと)は“感情脳”にあった。人生80年時代は左脳よりも右脳の時代であった。大脳生理学の第一人者が説く「男脳・女脳」の使い方。

目次

脳―脳の働かせ次第で人生は倍楽しくなる
右脳と左脳―男の脳と女の脳はこんなに違う
ドライとウエット―たくましく生きるための脳の使い方
勘―なぜ女は勘がいいのか
生命力―動物脳と人間脳の果てしなき戦い
成長―女はウーパールーパー、だから魂がいつまでも若い
フェロモン―フェロモンが愛を深める
子宮―女は子宮で考えるか
ヌード―女のヌード、男のヌード
嫉妬―嫉妬は愛を反映しない〔ほか〕