音楽家のためのアレクサンダー・テクニーク―心と身体の使い方

個数:

音楽家のためのアレクサンダー・テクニーク―心と身体の使い方

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2019年07月23日 19時10分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 293p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784414414745
  • NDC分類 763
  • Cコード C2073

目次

第1部 序論
第2部 基本的原則
第3部 自分という楽器を調整する
第4部 静寂と動き
第5部 実践
第6部 本番

著者等紹介

クラインマン,ジュディット[クラインマン,ジュディット] [Kleinman,Judith]
アレクサンダー教師になるためのトレーニングを、パトリック・マクドナルドとショシャナ・カマニッツから受ける。英国王立音楽大学で28年間、ジュニア王立アカデミーで20年間、教授活動を行い、またロンドンのLCATT教師養成校でも教えている。2014年にはアレクサンダー記念講演会に登壇したほか、英国、ヨーロッパ、米国にて、学校や教育者を対象にワークショップや講演会を定期的に行っている。スー・メリーと共に、このワークを教育現場に取り入れようとするアレクサンダー教師向けのトレーニング「自己開発」を創設。「教育におけるアレクサンダー・テクニーク」のコーディネーターとして、映像やホームページの制作に携わるほか、小、中、高等教育にこのテクニークを組み入れる活動を行っている

バコーク,ピーター[バコーク,ピーター] [Buckoke,Peter]
40年以上に渡り、小編成の室内楽アンサンブルでコントラバス奏者を務め、シューベルト・アンサンブルとして、日本、マレーシア、韓国、米国を含む30カ国以上で広く演奏活動を行ってきた。ロンドンでアレクサンダー教師としてのトレーニングをエレノア、ピーター・リヴォー夫妻から受けて1989年に教師となり、1991年以降、英国王立音楽大学でこのテクニークとコントラバスを教えている。学士、大学院を通じた大学課程内におけるアレクサンダー講座を発展させ、統率してきた

嶋根淑子[シマネトシコ]
東京藝術大学音楽学部卒業。イスラエルのシャイケ、リンダ・ハルメリン夫妻による教師養成校を経た後、フランスのアレクサンダー教師養成校にて、教師ディプロマを取得、その後アレクサンダー教師となる。ピアニストとしても活動、ピアノをコレット・ゼラに師事したことを契機に、音楽性と心身の使い方の深い相関関係に強い関心を持つようになり、音楽家の視点からそれを伝えるべく、レッスンを行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。