図解「人づきあいが面倒!」なときのマインドフルネス

個数:

図解「人づきあいが面倒!」なときのマインドフルネス

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A5判/ページ数 96p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784413112499
  • NDC分類 361.4
  • Cコード C0011

内容説明

自分を先に満たすと、自然といい関係が生まれていく。「今ここ」「自分中心」「そして、相手も心地よくなる」その仕組みが、豊富な図&イラストでまるわかり!

目次

1章 なぜ、つらく苦しい思いばかりしてしまうのか?(人間の脳は生まれつき「マイナス好き」にできている;脳の「マイナス好き」は警戒態勢をなるべく保たせるため ほか)
2章 なぜ、人の心はすれ違いがちなのか?(分かりあいたいのに「分かっているつもりの法則」がすれ違いを引き起こす;相手を決めつけたがる「ラベル付け」と、それがもたらす「マンネリ化」 ほか)
3章 自分も相手も心地よい「一歩進んだマインドフルネス」(「ラビング・プレゼンス」とは?;「ラビング・プレゼンス」の基本 ほか)
4章 人間関係がラクになるラビング・プレゼンス実践法(まずは“心地よさ”に目を向けよう!;相手と仲良くなる前に、自分自身と仲良くなろう! ほか)
5章 気づいたら「幸せな自分」になっている、5つのヒント(「いい体験を味わう」を、毎日の習慣にしよう!;「リラックスして、ゆだねる姿勢」を養おう! ほか)

著者等紹介

高野雅司[タカノマサジ]
1962年生まれ。一橋大学卒。心理学博士(Ph.D.)。コンサルティング会社勤務を経て、30歳で渡米。「カリフォルニア統合学研究所」の東洋西洋心理学部にて博士号を取得。また、ハコミセラピーの公式トレーニングを修了し、心理臨床の経験も深めた後に帰国。「日本ハコミ・エデュケーション・ネットワーク」代表として、ハコミセラピーの紹介と普及に携わる。また、各種の企業、教育機関、社会福祉団体などでコミュニケーション全般に関する教育研修活動なども行う。2011年、新たに「日本ラビングプレゼンス協会」を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

自分を先に満たすといい関係が生まれていく。「自分中心」「そして相手も心地よくなる」仕組みが、豊富な図&イラストでまるわかり!