• ポイントキャンペーン

図説 世界があっと驚く江戸の元祖エコ生活

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 95p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784413009553
  • NDC分類 382.1

内容説明

粋で、心豊かな「持たない」生き方。これが江戸っ子の知恵。

目次

第1章 少ないモノでも人生を楽しむ生活術(江戸庶民の生活の場「裏店(裏長屋)」とは―住民たちが場所・物・時間を共有する、江戸暮らしの原点
狭い部屋でも、楽しく明るい暮らし―和室の特長いかした収納術。部屋にこもらない性質も幸い ほか)
第2章 すべてを無駄なく回す循環社会(不要なものがほとんどなかった江戸の社会―すべての廃棄物は燃やせるゴミ。灰はあらゆるシーンで大活躍;都会ゴミの“金の卵”はトイレの中に―出すものすべてを再利用。百万都市の食料供給を支えたのは… ほか)
第3章 自然とのほどよい距離感と人の知恵(環境悪化とは無縁の天然材だらけの文化都市―すべてのものが、土や木でつくられた地球にやさしい江戸生活;都市と農村は、絶妙なパートナーシップで共存共栄―江戸と近郊農村の距離は10km前後。都市づくりの理想形がここに ほか)
第4章 地球エネルギーを肌で感じた江戸の人々(太陽とともに暮らす無理のない江戸生活―時計のない時代に暮らしのリズムを与えてくれた、生活の中心;人にはできない大仕事をした、水の力―海路で日本中を行き交った大量物資。水流は水車を通じて動力に ほか)

著者紹介

菅野俊輔[カンノシュンスケ]
昭和23年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。東京・神田神保町の“小学館アカデミー古文書塾「てらこや」”で筆字と版本を中心としたユニークな4講座で講師を務めながら、講演・著述・テレビ出演などで古文書古記録等の史料にもとづいた「江戸学」の普及にいそしむ“江戸歴史文化研究家”として幅広く活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)