他者との出会いを仕掛ける授業―傷つくことからひらかれる

個数:

他者との出会いを仕掛ける授業―傷つくことからひらかれる

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784409240755
  • NDC分類 377.15
  • Cコード C1037

内容説明

傷つく危険を冒さない安全な生き方では、人とふれあえない。他者にさらされていない自分に自信がもてるはずもない。人にどう思われているかばかりを気にして萎縮している生き方はしんどい。そう、自分がきちんと傷つくことではじめて他者ともふれあえる!…一見無気力でコミュニケーションのとれない、いまどきの若者を社会へつなぐ教師の具体的な取り組みを紹介。他者とかかわり、なまの自分を磨く経験を提供する「仕掛ける」授業の記録。意外にも「いまどきの若者は」とは切り捨てられない等身大の姿がみえてくる。

目次

1 “自分試し”と“自分さらし”
2 自分史エッセイをつくろう
3 過去を掘り起こす“自分さらし”
4 キャラの苦しみ―素の自分はどこに?
5 痛みを力に―傷つくことだって重要
6 “自分飾り”からの脱出
7 必要な父性原理―大ナタだってふるいます
8 はじまりは、自分から
9 他者へひらかれる―「できない」から「できるかもしれない」へ

著者紹介

島田博司[シマダヒロシ]
1959年生まれ。1986年広島大学大学院教育学研究科博士課程修了。広島大学、武庫川女子大学を経て、1998年より甲南女子大学人間科学部助教授。現在同教授、同教育研究センター所長。専門は教育社会学、臨床教育学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)