• ポイントキャンペーン

Joy novels
死を招く乗客

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 295p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408606941
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0293

内容説明

ロープウェイ、フェリー、旅客機…身近な乗り物が恐るべき閉鎖空間に変わる時、当たり前の日常が暗転する!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

barabara

6
かなり昭和入ってる乗り物系ミステリー集。ハイジャックが多かったが、私の頭脳のせいか?流れがプッツン切れて訳のわからないラストになって円満解決…ってのがあったのだが…誰かどういうことなのか教えてくれまいか…2015/03/01

non

3
 ('15-59)ミステリ読みたくて。タイトルからも分かる通り、乗り物もの。話が似通ってごっちゃになるし、この括りイマイチ。いや、お話自体にノリ切れなかったか。二段組みにしてはサクサク読めたが、薄かった。TVドラマでおなじみ夏樹さんって、説明的描写。ここにもいる五十嵐均、実兄とは。2015/03/20

ハル

1
8人の作家による飛行機、夜行バス、ロープウェイ、フェリー等に関わる短編集。飛行機ジャックが唐突に解決し、赤川次郎作品は乗り物か?など、突っ込みどころは色々だが、上下段でボリュームがあり、時代の違いが感じられたり面白かった。2021/03/25

はんなん

1
すべてが残念、手にしなければ良かった。 アンソロジーの辛い所かな2015/10/20

★メルティ★

0
夏樹さんが読みたくて借りてみた。夏樹さんの本って割と妻がいろんな意味で強いよね。短編だけど面白かった。他は時間の関係で2話だけ読んだ。2015/04/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9331277

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。