実業之日本社文庫<br> 紳士と淑女の出張食堂

個数:
電子版価格
¥792
  • 電書あり

実業之日本社文庫
紳士と淑女の出張食堂

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月27日 15時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 289p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408556628
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

異色のグルメミステリー!


会社はクビ、彼氏にもフラれた居間野ヒロミは、

ひょんなことから超高級ケータリング料理店で働くことになった。

ヤクザの謝恩会、超低予算の政治パーティ、秘境集落の冠婚葬祭、

骨肉の争いの親族会食――舞い込む奇妙な依頼に応えて出張し料理を作れば、

いつのまにやら大騒動に巻き込まれることに!

ユーモアとグルメが大盤振る舞いの全5話。

内容説明

会社はクビ、彼氏にもフラれた居間野ヒロミは、ひょんなことから超高級ケータリング料理店で働くことになった。ヤクザの謝恩会、超低予算の政治パーティ、秘境集落の冠婚葬祭、骨肉の争いの親族会食―舞い込む奇妙な依頼に応えて出張し料理を作れば、いつのまにやら大騒動に巻き込まれることに!ユーモアとグルメが大盤振る舞いの全5話。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ツン

101
一番最後の話が一番好きでした。でも、嫌いなものを好きなものと騙して教えるならまだしも、あれはさすがにまずいでしょ。。それが幸せな出会いにつながるということなんですけどね。2021/06/12

秀玉

18
二人で共作している作家。少し色気も入るバイオレンス、政治、任侠ものを読んだ。これは4冊目。ありえないとわかってもエロ面白い出足のドタバタに惹かれ購入。中盤までは、ありえない設定でも面白かった。中盤以降は無理な設定をしすぎだ。変なパロディに、笑えないセリフ、頓珍漢すぎ。惜しい作品だ。もう少し現実に沿ったズレを楽しませてほしかった、主人公と配役のキャラも良かっただけに惜しい作品だ。解雇で引きこもりになった主人公女子。足の踏み場もなくなった汚部屋。割り箸でうっかり足を刺さないようにサンダルを履くシーンは笑えた。2023/05/14

Chisato

3
会社クビになったのも、彼氏と別れたのも自分が悪いやん?と素直につっこんだ。なかなか無茶苦茶な主人公と高級ケータリングのお店のお仕事のお話。出てくる人も濃いー人が多いです。2021/08/09

ふふふ

0
主人公変すぎるし、もうめちゃくちゃ。どうしてこうなった。途中で読了。残念。2022/10/14

読書小僧

0
ヒロインのキャラが良すぎて最初はめちゃくちゃワクワクしたし笑えたし最高だったんだけど、いざケータリングの話になると急にギャグだけになって、ドタバタするだけでガックリ。しかもケータリング関係なくなっていくっていう。 うーん残念。。。2021/07/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17935560
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。