アリバイ崩し承ります

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 248p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408537290
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

時計屋店主の美谷時乃は時計の修理はもちろん、アリバイ崩しを行う。刑事が依頼すると…。本格ミステリ大賞作家、待望の最新作!

内容説明

美谷時計店には、「時計修理承ります」だけでなく「アリバイ崩し承ります」という貼り紙がある。「時計にまつわるご依頼は何でも承る」のだという。難事件に頭を悩ませる捜査一課の新米刑事は、アリバイ崩しを依頼する。ストーカーと化した元夫のアリバイ、郵便ポストに投函された拳銃のアリバイ、山荘の時計台で起きた殺人のアリバイ…7つの事件や謎に、店主の美谷時乃が挑む。あなたはこの謎を解き明かせるか?

著者等紹介

大山誠一郎[オオヤマセイイチロウ]
1971年、埼玉県生まれ。京都大学推理小説研究会出身。2004年、『アルファベット・パズラーズ』でデビュー。2013年、『密室蒐集家』で第13回本格ミステリ大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

376
2019 本格ミステリ・ベスト10第1位他、2018年のミステリランキングで上位に来たため、昨年の12月に図書館に予約し、7か月待って、ようやく読めました。時計屋が時間繋がりでアリバイ崩しを行うという設定が斬新でした。忘却探偵、掟上今日子シリーズに通ずるものがあります。多少アリバイ崩しに無理がありますが、テンポもよく、楽しみながら読みました。シリーズ化するでしょうか? 2019/07/05

kou

247
全7話収録されていたが、どの話も、どうやってアリバイを崩したり探したりするのだろう?と、ワクワクが止まらなかった。ただアリバイ崩しを主眼に置いている為、登場人物が記号でしかなかった気がした。それと、表向きは主人公が事件を解決したことになっていると思われるから、第四係のメンバーから、もう少し一目置かれても良いのでは?と思ってしまった(笑)。2019/05/15

しんたろー

233
密室ものの短編集『密室蒐集家』や迷宮入り事件再捜査『赤い博物館』と、手を変え品を変えミステリを紹介してくれる大山さんが、本作ではアリバイに特化した7編で遊ばせてくれる。中には古典的な「雪で作られた密室」まで盛り込んで、本格ものを手軽に楽しめるようなサービス精神に拍手!フェアに伏線を張ってあるので素直に納得できたし、各編に少しづつ変化を持たせているので飽きずにサクサク読めた。 人間ドラマは薄味なので深みはないが、分厚い有名作に腰が引ける人や、空き時間にパズル感覚で楽しみたい人には打ってつけのライトな一冊👍2019/04/19

ゆのん

217
出版社から見本を頂きました。連作短編。『あなたは何日の何時頃どちらに?』ミステリを読んでいるとよく目にするセリフ。だからアリバイ崩しは時計屋が1番だという理屈の元、先代の祖父の後を継ぎ時計店を切り盛りするヒロイン。一歩も店から出る事なく様々なバリエーションのアリバイを次々と崩していく。それはもう気持ちの良い程に崩す。可愛らしい表紙を良い意味で裏切る様な本格ミステリ。出来れば長編で読みたいものばかり。2018/08/19

旅するランナー

205
時を戻すことができました。○○さんのアリバイは、崩れました。アリバイだけに特化した短編7話。県警本部捜査一課新米刑事からのアリバイ崩しの依頼に速攻で答える、時計屋の若き女店主さん。作者本人もチラッと書いているんですけど、どの作品もプロットが巧みで、細部まで作り込まれ、凝ったアリバイトリックが使われていてなかなか面白い。これだけのネタを7つ揃えてくる力量に感嘆しちゃいます。2020/01/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13074312
  • ご注意事項