スローバラード―Slow ballad

個数:

スローバラード―Slow ballad

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 331p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408536927
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

事件の連鎖が呼び起こしたのは「あの頃」の記憶と私たちの絆―。青春時代のほろ苦さが沁みる、大好評!珈琲店ミステリー。

著者等紹介

小路幸也[ショウジユキヤ]
1961年北海道生まれ。広告制作会社退社後執筆活動に入り、2003年にデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hiro

138
毎年春の恒例『東京バンドワゴン』シリーズと違って、こちらは前作から2年経っているで、今までダイが遭遇した細かい事件の内容は忘れていた。しかし、不思議なものでシリーズ第4弾ともなると、ダイ、淳平、ヒトシ、ワリョウの4人に、三栖刑事と懐かしいメンバーに再会すると、徐々に彼らのことを思い出す。ダイ達のように大きな事件に巻き込まれたことはないが、このシリーズは、ダイ達5人が出会ったと同じ年頃のときに、自分といっしょに過ごしたその頃の仲間のことを思い出させてくれる。次作では、三栖とダイは探偵事務所を始めている?2016/10/08

みかん🍊

100
シリーズ4作目、ダイやその仲間たちも53歳になりその子供たちも大学生や高校生、ヒトシの息子の家出をきっかけに新たな事件が起こる、大学時代からの友情、学生時代の友人関係は何年経っても会えばその頃に戻る、それぞれ別の場所に住み家族を持ち守るべきものを抱えてはいるが、いざという時には集まり助け合う、そんな関係がずっと続いている彼等は素敵です。ディビアンがマツコさんのイメージで読んでしまった。2016/10/18

ゆみねこ

85
共に学生時代を過ごしたダイたち4人も50代に。前作の内容がうろ覚えだったので、若干物語に入って行くのに時間がかかったけれど、主人公の子供たちも成長したということか。終わり方は何だかもやっと…、シリーズ、まだ続くのでしょうか?2016/10/02

ぷう蔵

76
主人公の世代が私に合っているのか、読んでいてシンパシーを感じる。全く建前や本音という概念なしに自分を曝け出しても分かってくれる。全て言わずとも考えていることが分かってしまう。そんな友人の存在は羨ましいものである。まあ、事件的に解決しないでしょ?ってところもあるがそれはそれでこういう決着なのねって言うことで納得する事にした。ディビアンの言う「バッタリどこかの街で会ったなら微笑み合いましょう…」って中村雅俊の歌かな…。あとお題のスローバラードってRCサクセションのスローバラードだったのね〜感動…。2017/05/05

ネムコ

60
〈弓島珈琲〉シリーズ第4弾。時は過ぎ、ダイたちも早50歳を超え、刑事の三栖さんなど定年まで秒読み状態。そんな時、昔の仲間の息子が家出したという連絡が。些細な事件と思われたが、同じ学校の女子生徒の家族が暴行され重傷を負ったり、野球監督が襲われた事件などが絡み、更にはダイたちの過去の罪までが関係してきて‥‥。大学時代の5人の仲間とその家族。人数が多くて、そろそろ人物一覧が欲しい(笑)。このシリーズは雰囲気が好きなんだけど、年齢的に続編は難しいかな。多かれ少なかれ人間はしがらみと後悔を背負って歩いている。2016/11/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11154741

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。