じっぴコンパクト新書<br> 京王線・井の頭線沿線の不思議と謎

個数:

じっぴコンパクト新書
京王線・井の頭線沿線の不思議と謎

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年06月01日 12時22分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 191p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408455693
  • NDC分類 686.213
  • Cコード C0225

内容説明

本当?井の頭線の終点は吉祥寺駅じゃなかったかもしれない??ふだんなにげなく見ている駅や沿線風景にも意外な事実、驚きのエピソードがあった!京王線・井の頭線沿線がもっと好きになる知的案内本。

目次

第1章 おもしろスポット目白押し!沿線ぶらり途中下車の旅(井の頭公園のスワンボートに一隻だけ交じる「オス」の謎;もともと多摩動物公園をつくる予定はなかった!? ほか)
第2章 意外と知らない!?京王電鉄その歴史と歩み(京王電鉄が味わった四年間の「東京急行電鉄営業局」時代;井の頭線は「お情け」で京王の路線となった!? ほか)
第3章 思わず行きたくなる沿線ミステリーマップ(京王線はかつて甲州街道の北側を走っていた!;ホーム下に眠る遺構が伝える新宿駅ヒストリー ほか)
第4章 豊かな自然が育んだ不思議と謎(同じ「北沢」なのに、遠く離れている不思議;多摩川の両岸になぜ同一地名が存在している!? ほか)
第5章 ルーツを知ればナットク!京王電鉄駅名トリビア(かつての駅名は「火薬庫前」!明大前は危険な場所だった?;どこにもお寺はないのに、どうして「吉祥寺」!? ほか)

著者等紹介

岡島建[オカジマケン]
富山県富山市出身。1985年名古屋大学文学部卒業。名古屋大学大学院博士課程、名古屋大学文学部助手、国士舘大学教養部講師を経て、国士舘大学文学部教授(地理・環境専攻)。博士(地理学)。専門は近代日本の歴史地理、特に、河川水運が近代都市の発展に果たした役割を地理学的に研究している。また、鉄道をはじめとする近現代の交通機関にも強い関心を持っている。大学では「江戸東京の歴史地理」「交通の発達と環境」「世田谷の地誌」といった科目名の講義を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

京王線と井の頭線沿地域にひそむ不思議をひも解くとそこには思わぬ背景が!読めば普段見慣れた風景が変わって見えてくる一冊。