それは「うつ」ではない―どんな悲しみも「うつ」にされてしまう理由

個数:

それは「うつ」ではない―どんな悲しみも「うつ」にされてしまう理由

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年04月17日 07時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 326,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784484111186
  • NDC分類 493.76
  • Cコード C0036

内容説明

現代がストレス過多社会になったことだけが原因ではない。悲しみの“理由”を問わない診断方法の問題点を指摘し、世界中で用いられる診断基準「DSM」の功罪を明らかにする。

目次

第1章 うつの概念
第2章 正常な悲哀
第3章 理由の有無という指標―古代から一九世紀までのうつの診断史
第4章 二〇世紀のうつ
第5章 DSM‐IVの定義するうつ
第6章 DSMの基準が社会に及ぼした影響
第7章 悲哀の監視
第8章 DSMとうつの生物学的研究
第9章 抗うつ薬による薬物療法の普及
第10章 社会科学の役割
第11章 結び

著者等紹介

ホーウィッツ,アラン・V.[ホーウィッツ,アランV.][Horwitz,Allan V.]
PhD。ラトガーズ大学教授(社会学)。精神疾患の様々な側面に関する論文を精力的に発表し、著書も多い

ウェイクフィールド,ジェローム・C.[ウェイクフィールド,ジェロームC.][Wakefield,Jerome C.]
PhD、DSW(ソーシャルワーク博士)。シカゴ大学、コロンビア大学、ラトガーズ大学で教鞭をとり、現在はニューヨーク大学教授(専門はソーシャルワーク、精神医学の概念的基盤)。哲学と精神医療にまたがる学際的研究の権威で、精神疾患の診断に関する論文を多数発表している

伊藤和子[イトウカズコ]
早稲田大学第一文学部卒業。創刊時より「ニューズウィーク日本版」の翻訳および編集、「ナショナルジオグラフィック日本版」の翻訳に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。