「医療改革法」でどうなる、どうする

個数:

「医療改革法」でどうなる、どうする

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 173p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784406033350
  • NDC分類 498.021
  • Cコード C0036

出版社内容情報

必要な医療を受けにくくさせる「改革」の問題点を解明し、自治体での具体化の中、住民生活を守るため、何を主張すべきか問題提起。

内容説明

06年6月に国会で成立した「医療改革法」の内容を詳細に分析、運動の方向を探る。

目次

第1部 国民にとっての医療と「構造改革」(医師不足の原因はどこに;「医療構造改革」推進勢力としての米日金融資本)
第2部 「医療改革法」で何が変わったか、それにどう対応するか(成立した「医療改革法」の全体像―国民皆医療保険崩壊への巨歩;短期的に「効果の現れる」対策―公的保険給付範囲の削減・縮小;中期・長期に「効果の現れる」対策―都道府県単位で作成・実施する計画;医療給付費削減効果を底支えする都道府県単位の制度運営 ほか)

著者等紹介

日野秀逸[ヒノシュウイツ]
1945年宮城県生まれ、国民医療研究所所長、東北大学大学院経済学研究科教授。東北大医学部卒。大阪大医学部助手、国立公衆衛生院衛生行政学部衛生行政室長、都立大教授などを歴任。著書・訳書多数

寺尾正之[テラオマサユキ]
1953年東京都生まれ。全国保険医団体連合会事務局次長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。