脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 353p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784396681135
  • NDC分類 491.371
  • Cコード C0095

内容説明

恋愛、ダイエット、不眠、ド忘れ、ストレス、アルコール…脳のすごさがわかった。

目次

記憶する―「海馬」はどれほど凄いか
疲れを溜める―記憶とストレスの意外な関係
思い込む―虹はほんとうに七色か?
やる気になる―モチベーションはどうやって高める?
理性を失う―アルコールでストレスは解消できるのか
ド忘れする―それは「歳」のせいではなかった!
言い訳する―脳に言い訳させる「変化盲」って何?
熱中する―脳の出来、不出来を決定づけるものとは
錯覚する―ヒトも動物も、なぜか“赤”が勝負強い
期待する―当たらないのに「宝くじ」を買ってしまう理由〔ほか〕

著者等紹介

池谷裕二[イケガヤユウジ]
1970年生まれ。薬学博士。東京大学大学院薬学系研究科・講師。日本薬理学会学術評議委員。2002~2005年、コロンビア大学生物科学講座客員研究員。1998年、海馬の研究により、東京大学大学院薬学系研究科で薬学博士号を取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

私たちの脳は、こんなにもロマンと謎と驚きに満ちていた!
●海馬を鍛えれば記憶力は上がるか
●人が思いこみをする理由
●バイオリニストの「指」の脳領域
●「わたしにはこの人しかいない」このとき脳では何が!?
●思い出す、という脳作業の不思議
etc.