祥伝社黄金文庫<br> 古代史で読みとくかぐや姫の謎

個数:

祥伝社黄金文庫
古代史で読みとくかぐや姫の謎

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 244p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784396316792
  • NDC分類 913.31
  • Cコード C0195

内容説明

小悪魔・かぐや姫に翻弄される五人の貴公子には歴史上実在のモデルがいた。藤原氏全盛の平安時代に編まれた物語は、時の政権に何を言いたかったのか?

目次

第1章 なぜタイトルが脇役の「竹取の翁」の物語なのか(なぜ脇役の「竹取の翁」の物語なのか;竹の霊性と竹取の翁の立ち位置 ほか)
第2章 恨まれ嫌われる藤原氏とかぐや姫(偽者と見破られた天竺の仏の御名の鉢;くらもちの皇子は謀略好き ほか)
第3章 かぐや姫と中将姫(藤原氏に睨まれるとどうなるのか;酒浸りだった大伴旅人 ほか)
第4章 県犬養三千代とかぐや姫(藤原豊成は藤原らしくない;壬申の乱で天武に加勢した県犬養三千代の夫 ほか)

著者紹介

関裕二[セキユウジ]
1959年、千葉県生まれ。歴史作家。仏教美術に魅了され、奈良に通い詰めたことをきっかけに、日本古代史を研究。以後古代をテーマに意欲的に執筆活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)