“戦争の世紀”を超えて―わたくしが生きた昭和の時代

個数:

“戦争の世紀”を超えて―わたくしが生きた昭和の時代

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 294p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393447215
  • NDC分類 210.7

内容説明

「軍国少女」は、敗戦の意味を知って、目覚めた。米軍占領下での「体験」が、彼女を変えた。女性の矜持を貫き、闘志を込めて語った同時代史。

目次

第1章 時代の語り部は大人の義務
第2章 軍歌とブルースと替え歌と
第3章 「勝った勝った」から破局への道へ
第4章 繰り返される「転進」と「玉砕」
第5章 迫りくるそれぞれの最期
第6章 「終戦」ではなく「敗戦」
第7章 男女平等の新憲法誕生
第8章 「わたくし」という固有名詞で生きていく
第9章 「戦争」と「暴力」を超えて

著者紹介

吉武輝子[ヨシタケテルコ]
1931年(昭和6)兵庫県芦屋市生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。東映宣伝部に入社し、1961年日本初の女性宣伝プロデューサーとなる。東映を退社後、文筆生活に入り、1977年婦人公論読者賞受賞。現在「吉屋信子記念館」運営副委員長を務める。女性問題を中心に、広く評論・文筆活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)