菌は語る―ミクロの開拓者たちの生きざまと知性

個数:

菌は語る―ミクロの開拓者たちの生きざまと知性

  • ウェブストアに14冊在庫がございます。(2019年10月22日 15時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 210p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784393421352
  • NDC分類 474.7
  • Cコード C0045

内容説明

雪の下で植物に病気を引き起こすちっぽけな菌を追って、北極、南極、シベリアと、世界中の極寒の地を飛び回る異端の菌類学者が見た、菌類たちの織りなすダイナミックなドラマ。極限環境でヒト知れず暗躍する菌類の謎に包まれた生態や生存戦略、ヒトとの戦いの歴史とは…!?

目次

はじめに 雪の下の菌を追って
第1章 寒さと生きる菌類とはどんな生き物か
第2章 雪腐病菌Who are you?
第3章 雪腐病菌の極地
第4章 寒さ好きの菌類たちは、いかに雪腐病菌になったか
第5章 ご先祖様たちは、いつ“雪腐”を知ったのか
第6章 寿命のない菌類の世代交代
第7章 菌類に知性はあるのか?―仮説と妄想
おわりに

著者等紹介

星野保[ホシノタモツ]
1964年東京都生まれ。名古屋大学大学院農学研究科博士後期課程満期退学。博士(農学)。本書執筆時の所属は産業技術総合研究所生命工学領域研究戦略部、現在は八戸工業大学工学部生命環境科学科教授。専門は菌類の低温適応とその産業利用(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。