はたらく道具つかう器

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 96p/高さ 19X19cm
  • 商品コード 9784391131444
  • NDC分類 596.9
  • Cコード C0077

目次

1 「はたらきもの」の道具たち(底力がある漆の折敷;湯の味が変わる鉄瓶;欲張りな言いわけ、かご;さらしがあればできること;とことん使うふきんとガーゼ ほか)
2 こんな日はこの器で(取り皿はこのサイズ お客さまにも、自分にも;欠けても割れてもこの平皿;何かと出番が多いのは中鉢;大胆に見栄えよく!深鉢;重ねてもてなすガラスの器 ほか)

著者紹介

柳瀬久美子[ヤナセクミコ]
フードコーディネーター。都内のレストランや洋菓子店で6年間勤務した後、渡仏。4年間、大好きなフランス菓子を中心に、さらに料理を学ぶ。帰国後独立し、雑誌、テレビ、広告のほか、企業の商品開発を手がけるなど、幅広い分野で活躍。料理、お菓子ともに、味と素材合わせのよさ、センスあふれるスタイリングに定評があり、著書も多数出版。自宅で行う少人数制のお菓子教室も主宰している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「美しい部屋」の連載を再編集し書籍化。柳瀬さんが大切に使い込んだ道具や器の数々をエピソードを交えて紹介。