アメリカ文学との邂逅<br> チャールズ・ブコウスキー―スタイルとしての無防備

個数:
電子版価格 ¥2,200
  • 電書あり

アメリカ文学との邂逅
チャールズ・ブコウスキー―スタイルとしての無防備

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年11月18日 22時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 309p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784384059434
  • NDC分類 930.28
  • Cコード C3098

内容説明

ブコウスキーのシンプルさの力学を、無防備という観点から検討する。詩、短篇、小説の順に、作品を論じる。

目次

序章 スタイルとしての無防備
第1章 開かれ―ブコウスキーの詩における動物
第2章 遠い間近さ―ブコウスキーの詩における観察の系譜
第3章 無用の人―ブコウスキーの短篇のいくつかの特徴について
第4章 冒険のあとで―『ポスト・オフィス』と仕事
第5章 死から遠く離れて―『ファクトウタム』と失業
第6章 さらされる作家の肖像―『女たち』とパフォーマンス
第7章 奇妙な愛着―『ハム・オン・ライ』と損なわれた身体
第8章 無防備の彼方へ―『ハリウッド』とアルコール
終章 一抹の崇高さ―『パルプ』と作家の倫理

著者等紹介

坂根隆広[サカネタカヒロ]
1981年生まれ、京都府出身。東京大学法学部卒業。同、人文社会系研究科修士課程修了。カリフォルニア大学アーヴァイン校で博士号を取得(Ph.D.)。現在、関西学院大学文学部准教授。専攻はアメリカ文学

諏訪部浩一[スワベコウイチ]
1970年生まれ。上智大学卒業。東京大学大学院修士課程、ニューヨーク州立大学バッファロー校大学院博士課程修了(Ph.D.)。現在、東京大学大学院人文社会系研究科・文学部准教授。著書に『ウィリアム・フォークナーの詩学―一九三〇‐一九三六』(2008年、松柏社、アメリカ学会清水博賞受賞)、『「マルタの鷹」講義』(2012年、研究社、日本推理作家協会賞受賞)、『ノワール文学講義』(2014年、研究社)、『アメリカ小説をさがして』(2017年、松柏社)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

20世紀以降のアメリカ文学の面白さを第一線の文学者が伝える、作品を中心に、作家のキャリアを包括的に捉えた作家作品論シリーズの3作目。「無防備で」「めちゃくちゃな」ブコウスキーの自意識あるいは自己のあり方を、作品を、詩、短篇、小説の順に論じながら考察。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件