水を石油に変える人―山本五十六、不覚の一瞬

個数:
電子版価格 ¥1,599
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

水を石油に変える人―山本五十六、不覚の一瞬

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月17日 07時52分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 256p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163906751
  • NDC分類 210.7
  • Cコード C0095

内容説明

真珠湾攻撃の三年前、海軍省で三日三晩の夜を徹した実験が行われていた。その「街の科学者」は、海軍次官山本五十六や後に「神風特攻」を考案する大西瀧治郎らの前で、水をガソリンに変えるのだという。石油の八割をアメリカからの輸入に頼る日本が、きたるべき日米戦に勝つための秘策になるのか?戦争・石油・日本人をめぐる数奇な歴史ノンフィクション!

目次

一通の報告書
山本五十六と石油
「藁から真綿」事件
カツクマ・ヒガシと東勝熊
詐欺師から「科学の人」へ
支那事変という名の追い風
富士山麓油田の怪
昭和十三年暮れ、海軍省次官室
蒲田の「水からガソリン」工場
燃料局柳原少将の嘆き
実験成功!次官に報告!
宴の終わり
立会人たちの太平洋戦争
いまも行き続ける「水からガソリン」

著者紹介

山本一生[ヤマモトイッショウ]
1948年生まれ。東京大学文学部国史学科卒。石油精製会社勤務の傍ら競馬の歴史や血統に関するエッセイを発表。97年にフリーになると近代史に転じ、恩師である伊藤隆東大名誉教授のもとで『有馬頼寧日記』の編集に加わり、その後は「日記読み」として戦間期の日記をもとに時代を読み解く作業を行っている。『恋と伯爵と大正デモクラシー:有馬頼寧日記1919』(日本経済新聞出版社)で第56回日本エッセイスト・クラブ賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

後に特攻作戦の生みの親となる大西瀧治郎は山本五十六の立ち会いのもと、海軍省内である男に実験をさせる。新史料発掘による実録。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件