ぼくらはみんな生きている―18歳ですべての記憶を失くした青年の手記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 218p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784344000889
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

二度と戻らない記憶。あたらしい自分と向き合いながら生きて、草木染職人として独立するまでの12年間の軌跡。

目次

第1章 ここはどこ?ぼくはだれ?―’89.6~’89.8
第2章 これから何がはじまるのだろう―’89.9~’90.3
第3章 むかしのぼくを探しにいこう―’90.4~’91.3
第4章 仲間はずれにならないために―’91.4~’92.3
第5章 あの事故のことはもう口にださない―’92.4~’94.3
第6章 ぼくらはみんな生きている―’94.4~’01.5

著者等紹介

坪倉優介[ツボクラユウスケ]
1970年、大阪府生まれ。1989年、大阪芸術大学芸術学部工芸学科染織コースに入学。同年六月五日、帰宅途中に乗っていたスクーターが、トラックに激突、そのまま意識不明の重体となる。大阪府立大学病院救急センターの集中治療室に入って十日後、奇跡的に目覚めるが、十八年間すべての記憶を失くしていた。1994年4月、京都の染工房「夢祐斎」に入社。染師・奥田祐斎に師事する。2001年5月、草木染作家としてデビュー
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。