光文社古典新訳文庫<br> 現代の英雄

個数:
電子版価格
¥1,111
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
現代の英雄

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年06月23日 16時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 384p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334754334
  • NDC分類 983
  • Cコード C0197

内容説明

「私」はカフカス旅行の道中に知り合った壮年の二等大尉マクシム・マクシームイチから、彼のかつての若い部下ペチョーリンの話を聞く。身勝手だがどこか憎めないペチョーリンの人柄に興味を覚えた私は、彼の手記を手に入れるが…決闘で夭折した、ロシアのカリスマ的作家の代表作。

著者等紹介

レールモントフ,ミハイル・ユーリエヴィチ[レールモントフ,ミハイルユーリエヴィチ] [Л´ермонтов,Миха´ил ´Юрьевич]
1814‐1841。モスクワ生まれ。モスクワ大学を中退してペテルブルクの士官学校に入学。軍務のかたわら、詩や戯曲を発表する。1837年にプーシキンが決闘で落命すると、その死を擁護して体制を批判するような詩「詩人の死」を執筆。一躍時の人となるが、それがきっかけで逮捕され、カフカスの前線部隊に転属される。1840年連作長篇小説『現代の英雄』が成功を収めるが、翌年には友との間で決闘となり命を落とす。享年26

高橋知之[タカハシトモユキ]
1985年千葉県生まれ。文学研究者・翻訳家。専門はロシア文学、比較文学。東京大学文学部助教を経て、千葉大学文学部助教(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

星落秋風五丈原

24
いやあ、英雄なの?っていうか。序文にも書いてあるけど。作家の生き方が激烈すぎる。2024/02/21

ケイトKATE

21
『現代の英雄』というタイトルから、冒険活劇小説かと思いきや、主人公グリゴーリイ・ペチョーリンが憂さ晴らしに、美しい女性を口説いたり、恋敵の同僚と決闘する話で、ペチョーリンは英雄とは程遠いものである。『現代の英雄』が発表された当時のロシアは、皇帝ニコライ1世の時代で、民主主義思想が徹底的に弾圧されていた。著者ミハイル・レールモントフは、時代の閉塞感を映し出そうとして書いたのであろうか。プーチンのロシアも閉塞感が漂っているので、レールモントフのような作家が登場する可能性があるかもしれない。2024/03/27

あっきー

21
⭐2 桑原世界近代小説五十選23冊目、名作五十選と言う程の話とは思えなかったが解説を読むと奥は深いみたいだ、面白さを理解するには何度か読む必要がありそうだが共鳴もしなかったからそこまではしないな2022/01/30

Pustota

13
光文社古典新訳文庫は当たりはずれがある印象だが、これは当たりではないかと。ペチョーリンの独白が、掴みどころがないのにそれでいて胸に迫ってくる。解説も謎解きのヒントを程よく与えてくれる感じで良く、もう一度読み返したくなる。悪魔的な力と魅力を持つ勝利者であり、環境と他者に歪められた自分を意識しながらも、どこか真実なもの、大切なものを求めてもがいているかのようなペチョーリンの姿は、なんとなく生きづらさと退屈を抱えていきている現代の我々にとっても、ある種の悲劇的な英雄のように見えるのかもしれない。2020/11/01

まこ

9
話の時系列が違っているからマクシームイチがペチョリーンに一目置いている様子に違和感が残る。そこからペチョリーン自身の手記から彼自身の本来の姿が描かれると違和感が減っていく。ペチョリーンは人を小馬鹿にして思うよう操っているから、他人の悪意を買いやすい、本人があえてそうしている。マクシームイチは、ペチョリーンの良い面しか見ていなかったけど、悪い面を見てペチョリーンの思うように彼を見る。事実を唯一知っているのは語り手だけ。2022/07/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16800639
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。