光文社古典新訳文庫<br> プロタゴラス―あるソフィストとの対話

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
プロタゴラス―あるソフィストとの対話

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月16日 15時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 242p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334752217
  • NDC分類 131.2
  • Cコード C0197

内容説明

「人間の徳(アレテー)は、教えられるものなのか?」「ソフィストとは、そもそも何者か?」。若くて血気盛んなソクラテスは、アテネを訪問中のプロタゴラスのもとにおもむき、徳をめぐる対話を始める。しかし、議論は二転三転。次第に哲学的色彩を強めながら、やがて意外な結末を迎えることになる。プラトン対話篇、最良の入門書。

著者等紹介

プラトン[プラトン]
427‐347B.C.。古代ギリシャを代表する哲学者。アテネの名門の家系に生まれる。師ソクラテスとの出会いとその刑死をきっかけに哲学の道に入り、40歳ころには学園「アカデメイア」を創設して、晩年まで研究・教育活動に従事した。ソクラテスを主人公とする「対話篇」作品を生涯にわたって書き続け、その数は30編を超える

中澤務[ナカザワツトム]
1965年生まれ。関西大学文学部教授。古代ギリシャ哲学を中心に、哲学・倫理学の諸問題を幅広く研究する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

マエダ

63
哲学者ソクラテスとソフィストの大物プロタゴラスのアレテーをめぐる対話の様子を書いた本書であり、プラトンの作品の特徴は「対話篇」と呼ばれる独特のスタイルにあるという。”哲学とは、紙の上に書かれた既成の理論や学説のことではなく、問題を批判的に考察して真理を探究していく知的営みそのもの”哲学書も読まねば2016/02/07

ヴェルナーの日記

53
プラトンお得意のダイアログ(対話)形式で執筆されている。ソフィストの大家プロタゴスとの対話なので、冒頭はシミニニデスの詩に対しての解釈から始まる。ソフィストは基本的にレトリック(修辞)を根本とするがゆえに、文章表現から弁証法に長けている。そのためデマゴーグ(扇動家)というレッテルが貼られやすい。そこでソクラテス(プラトンだが)は、詩の解釈よりより中身を重視し、「徳(アレテー)を教えることが出来るのか、否か」を主題に対話を進める。最後に至っても答えは出せていないが、これは読者に対する問いかけとなっている。2014/12/09

molysk

48
ソフィストは、古代ギリシャでアテレー(ものが持つ固有の優れた性質)の教授を職業とした人々。アテレーは教えられるのか?否とするソクラテス。是とするプロタゴラス。では、知識や勇気といったアテレーの間の関係は?異なるとするプロタゴラス。ソクラテスは、勇気は恐ろしいものとそうでないものを計量する知識であり、同じものと論破する。だが、アテレーが知識であれば、教えることは可能ではないか?矛盾したソクラテスの結論は、知恵がない事の自覚へと至る。これがアポリア(行きづまり)であり、新たな探求への誘いでもある。2020/06/22

巨峰

32
プラトンが描くソクラテスとプロタゴラスによる対話篇。意外にも読みやすい文章ではじまるが、流石に内容は難しい。特に最終章。。その難しいところは巻末でしっかり解説されているので、私のようなギリシャ哲学を始めて読む人間には、ちょうど、いいような気がする。ギリシャ人のいうアテレーすなわち徳のようなものを中心に対話は進む。解決するべきなのは、意味ではなく、思考の経路なのだ。2010/12/21

壱萬弐仟縁冊

25
アテネ。 ソクラテスとプロタゴラスの徳(アレーテー) をめぐる対話(9頁)。 知識人がアテネ人に啓蒙、進歩的教育を 施したソフィスト(10頁)。 教養教育(パイデイア)は読み書き、 竪琴、体育が3本柱(29頁)。 文武両道+音楽か。 正義(ディカイオシュネー)は道義心。 節度(ソーフロシュネー)は謙譲心(67頁)。 字を覚えるが如く、 法律というまっすぐな線を下書きし、 支配の際に法に従わせる。 はみ出れば国が罰を与える(76頁)。    2014/06/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1720266

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。