光文社古典新訳文庫<br> うたかたの日々

個数:
電子版価格 ¥946
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
うたかたの日々

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月07日 17時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 388p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334752200
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

内容説明

青年コランは美しいクロエと恋に落ち、結婚する。しかしクロエは肺の中に睡蓮が生長する奇妙な病気にかかってしまう…。愉快な青春の季節の果てに訪れる、荒廃と喪失の光景を前にして立ち尽くす者の姿を、このうえなく悲痛に、美しく描き切ったラブストーリー。決定訳ついに登場。

著者等紹介

ヴィアン,ボリス[ヴィアン,ボリス][Vian,Boris]
1920‐1959。フランスの作家・ミュージシャン。パリ郊外に生まれる。エリート校の国立中央工芸学校を卒業後、エンジニアとして勤務しながら、ジャズ・トランペッター、翻訳家、批評家、シャンソン作者・歌手としてマルチな才能を発揮した。『うたかたの日々』は没後、真価を認められ、現代恋愛小説の古典として読みつがれている。1959年、デビュー作『墓に唾を吐きかけろ』の映画完成の試写上映中に心臓発作を起こし、39歳で人生を終えた

野崎歓[ノザキカン]
1959年生まれ。東京大学文学部准教授。フランス文学研究のほか、映画評論、文芸評論、エッセイなど幅広く手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちなぽむ and ぽむの助 @ 休止中

175
すべてが輝いていた、祝福された薔薇色の日々。その世界は唐突に傾斜し狭まって、太陽は熟れきって落ちた。いとしいひとの死にすら世間は悲しみを示さずに愛は無力で、肺に巣食った睡蓮だけがひたすらに美しかった。カクテルピアノで奏でる為に用意した曲は幸せを謳歌するものばかりで、灰色の葬式には不似合いで。街の本屋は燃やしたから音に乗せるに足ることばは絶えました。退廃の世にそれでも私は羨ましく思う。すべてを捧げるに足る愛を、意識がなくなるまで注がれたあなたのことを。花に囲まれ最期まで美しかったあなたを。2020/01/08

buchipanda3

109
「大切なことは二つだけ。ほかのものは消えていい。なぜなら醜いから」。最近、現実と幻想の境目が朧気となる文学を読んだので、その酔いの勢いでヴィアンを手に取った。冒頭からグサッとくる。著者は詩人でもあるそうだが、その奔放自在な感性が滲み出る表現に刺激を受けた。一見、ポップで華やかな色調、しかしそこには人の享楽性や社会の傲然さの醜い色も重なり合う。"肺に睡蓮の花が咲く"という美しくも悲痛な描写に得も言われぬ儚さを感じた。など色々と頭に浮かんだが、そんなこと抜きでただ言葉に酔い痴れて楽しむ作品でもあるとも思えた。2021/07/20

Willie the Wildcat

89
3組の夫婦・恋人たちがそれぞれの愛情を育み、苦闘の果てに見出す無力感。暗兪vs.明喩的な幻想が、コラン/クロエvs.シック/アリーズの苦闘姿勢。そしてこの差異が、クロエvs.シックの受動vs.能動的な”終焉”の根底。無力感、故の表題・”泡沫”と解釈。両極を見守り、そして支える二コラのぶつけようの無い苦悩は如何ばかりか。一方、『あとがき』で小川女史が語る「初々しさ」。う~ん、必ずしもそのような強い印象が、読後に残らない。主人公の影武者のような鼠の”生き様”の方が、生々しかった。2020/07/18

藤月はな(灯れ松明の火)

72
印象は夜の街のウィンドーでオレンジ色の光に照らされた美しくて可愛い人形劇を観ているような感じでした。ところが物語が進むにつれて朝が近づいてきてあんなに綺羅々して魅力的だった人形劇のうらぶれた寂しさが余計に際立って無性に哀しくて、だからこそ、その思い出を大切にしたいと思えます。お金や時間が続く限り、美しくて楽しいことをしていたい。でもお金も時間も無限ではなく、命も人生も愛も移り変わっていく。苦しみを共有しても耐え切れなかったり、愛する人を破滅から守るはずが逆に孤独へと陥れる様は哀しい位に滑稽だが真摯で尊い。2014/09/19

ふうらいぼう

66
つい最近、映画化もされた1947年発表のフランスの恋愛ものの古典。主人公の青年コランは美しいクロエと恋に落ち、結婚する。だが、クロエは肺の中に睡蓮が成長する奇妙な病気にかかる...。 徐々に弱っていくクロエに「滅びの美しさ」を感じました。クロエの治療費を何とかしてかせごうとするコランも健気です。ストーリーの面白さとかではなく、文章や情景の幻想的な美しさを味わう本だと思います。幻想的でファンタジーのように展開していく為、読む人によって好き嫌いがはっきりと分かれるかもしれません。2015/02/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4112577

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。