光文社新書<br> 日本のジーパン

個数:
電子版価格 ¥1,056
  • 電書あり

光文社新書
日本のジーパン

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月24日 19時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 181p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334045630
  • NDC分類 589.21
  • Cコード C0295

出版社内容情報

ジーンズ愛に溢れる著者が、ジーンズの歴史、日本での独自の発展から、自身のブランド・マネジメントまでを語り尽くす一冊。

内容説明

ファッションを超えた、「本当の定番」を生むものづくりとは?日本人に最もフィットする1本を作り出したジーンズ界の重鎮が語る、一生ものの「ジーパン」論。

目次

第1章 私が作る「日本のジーパン」(私が4型のジーパンしか作らない理由;日本のジーパン=リゾルトを作る;日本のジーパンを「売る」こと;また同じ新品を買ってもらうために)
第2章 日本のジーパンはこうして生まれた(そもそも、リーバイス501とはなにか;戦後日本ジーパン史;最前線を走り続ける、日本のジーパン)
第3章 私がジーパンづくりに魅せられた理由(アイビーが教えてくれた;ドゥニームという大きな一歩)
第4章 ものづくりの現場が教えてくれた(レプリカ・ジーンズというバブル;そしてリゾルトへ)

著者等紹介

林芳亨[ハヤシヨシユキ]
1956年生まれ。ジーンズ・デザイナー。大学卒業後、ジーンズ業界に入る。独学でジーンズ作りを学び、’88年、ジーンズブランド「ドゥニーム」設立にあたり、デザイナーとして参加し、ジーンズにかける愛情と深いこだわりで、日本における空前のレプリカジーンズ・ブームを牽引する存在となる。ドゥニーム退社後、2010年5月に「リゾルト」をスタートさせる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

GAKU

46
リゾルトの宣伝本といった感じでした。著者の林さんが関わっていた、オリゾンティーが経営母体だった頃のドゥニームのXXは良いジーパンでしたね。私自身今でも愛用しています。リゾルトも一度履いてみたいと思います。2021/11/18

おさむ

32
著者は、大阪でジーンズブランドのドゥニームと、リゾルトを立ち上げたデザイナー。「ジーンズ愛」がほとばしる熱い新書でした笑。共に履いたことも、見たこともないブランドですが、レングス(丈下)が8種類もあるとのこと。身体にフィットしたジーンズという点で、興味がわきました。こんど探してみよう。2021/12/03

Tenouji

22
憧れの混じった、目標とする海外製品を、キャッチアップして、よりよく日本化していく、というのは本当に日本は得意なんだな。ジーンズは、ファッションアイテムでもあるが、工業製品でもあるので、その流れにちょうどハマったアイテムで、この年代の方の現場熱意を感じる、良い本であった。ただ、もう大企業のビジネスモデルでは出来なくて、良いものを求める人と本物が作れる人のダイレクト接続になってるんだけどね。2021/09/29

いぬたち

8
ジーンズを製造販売する方の書いた本。よって自社の商品並びに著者自身の人生に付いての内容が中心だがそれらを語る上で付随的にジーンズの起源や有名商品リーバイスの商品解説または日本での変遷の解説がなされている。研究者ではないので厳密にタイトル通りの中身ではないが過去数十年については著者がガッツリ関わっているので肌感を感じる描写が多くそこは興味深く読むことができる。ただ業界人なので若干小難しい箇所もあるが概ね気楽に読める一冊である。2022/12/05

スプリント

7
著者のジーパン哲学がビシビシ伝わってくる熱い本です。 2021/12/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18612960
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。