光文社新書<br> 知らないと恥をかく「性」の新常識

個数:
電子版価格 ¥1,034
  • 電書あり

光文社新書
知らないと恥をかく「性」の新常識

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年02月23日 08時42分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 312p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334045111
  • NDC分類 367.9
  • Cコード C0236

出版社内容情報

20代の東京大学院生が、「性」をめぐる言説・活動の最先端を紹介するとともに、その背景にある社会の変化をわかりやすく解説。

内容説明

セクハラや性犯罪がようやく社会問題として認められてきた現在、「性」について学ぶことはもはやひとつの必須事項となっている。ただ一口に「性」といってもイシューは多岐にわたり、「ジェンダー格差」という大きな話から「緊急避妊薬」の販売をめぐる動向、さらには「性」の規範を作ってきた「AV教科書化」の解消、「性的同意」への注目など、枚挙にいとまがない。必要なのはこれらのキーワードに通底する、「性」と社会の関係にいま起きている変化を、大づかみに理解することである。#MeTooをはじめとした近年の様々なムーブメントの分析や、多彩なアクティビストへのインタビューなどを通じ、「性」をめぐるこの国の現在地を鮮やかに抉り出す批評。

目次

第1章 明るみに出た女性たちへのハラスメント
第2章 日本のジェンダー格差をデータで把握しなおす
第3章 あなたの性を楽しむために
第4章 自分自身のカラダをもっと知ろう
第5章 「AV教科書化」問題にモノ申す
第6章 いま、「性的同意」に注目が集まるワケ
最終章 セックスのコミュニケーション的転換

著者等紹介

齋藤賢[サイトウケン]
1994年茨城県生まれ。茨城県育ち。早稲田大学教育学部卒業。東京大学大学院学際情報学府修士課程在籍中。関心領域は理論社会学、特に社会学的機能主義。研究とは別にジェンダー・セクシュアリティに関する社会課題の解決に取り組む。『知らないと恥をかく「性」の新常識』が初の著書になる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

海月

67
多分YouTubeを見ないと完璧に理解できないかなと…。 初めの方は楽しかったけど最後の方、特に最終のSNSの話は飛ばしてもいいような気がする。結構同じことを繰り返し話してる気がしてそれはそれで記憶に残るかなと思います。やっぱり海外のように性について義務教育でやるべきだね。対談の人ほぼ海外行ってから気づいて戻ってきてるもん。それだけ海外は進んでるってこと。日本人のおかしいところが露出してる気がする。2023/11/04

kenitirokikuti

9
著者は1994年茨城県生まれで、高校のときは三島由紀夫かぶれだったという、大学院生アクティビティスト。それとは関係なく、身近な人間が性暴力被害にあったのがこの運動にコミットしたきっかけ▲〈僕はこの本を「性」に関するテーマに疎い男性向けに書いた〉(はじめに)。「性に疎い」ではなく、「性に関する(時事問題的、社会問題的な)テーマ」である▲40代おじさんの率直な感想としては、ミドルティーン以上20代向けの安価な娯楽が増えたので、いまの若い子は酒とタバコとパチンコとセックスに淡白だって自覚に乏しいのね。2021/01/02

カモメ

7
避妊や中絶に関する話が特に興味深かった。先進国・途上国関係なくアフターピルは90カ国ほどで薬局で売られている。日本では処方箋が必要であり、価格も高価な上に失敗後5日以内であれば有効なエラワンもない。女性議員の数が限られていることによる声の届きにくさもある。望まない妊娠が引き起こす経済的損失や、性感染症が不妊の原因にもなる、という話に結び付けなければなかなか聞いて貰えない現状があるそう。2023/02/07

totuboy

6
性的同意の項目については大変勉強になった。しかし、日本ではこういう議論がオープンにしづらいという空気はなぜあるのだろう?「恥」の文化がそうさせるのかもしれないが、こうしたことははっきりと考えさせていけばよいと思う。寝た子を起こすな、という従来の考えがこの遅れとなっているのだろう。2021/01/24

だーやま

4
すべての日本人に読んでほしいとまで言いたい。「性」と言っても生物学的な側面、コミュニケーション、スキンシップ、ジェンダーなどなど様々な要素を含むもの。日本には解決しなければならない問題が多すぎる。性差別発言問題をきっかけにジェンダーギャップについて世界各国から批判された日本、今が変わるタイミングなのではないか。 この人の文章の感じが好きだった。笑2021/04/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17170632
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。