少年達の反乱

少年達の反乱

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 482p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784286032351
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

少年法を廃止せよ!!卑劣な集団暴力を行いながら法の壁によって裁かれない若者達。この矛盾した社会のシステムに対していま熾烈な戦いが始まる―。

著者等紹介

岡本和巳[オカモトカズミ]
1963年生まれ。北海道出身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

gurisan

0
★★☆☆☆ やまない少年犯罪。現実と司法とのギャップ。犯罪被害者を軽視する法構造。2重の被害で苦しんでいる人が多いと思う。そして、「罪」を犯した人は、どんな結果が出てもその罪を重荷を背負い続ける義務があると思う。その一文を、ぜひ入れてほしい。 2009/07/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/90262

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。