光文社新書<br> トランプが戦争を起こす日―悪夢は中東から始まる

個数:
電子版価格 ¥814
  • 電書あり

光文社新書
トランプが戦争を起こす日―悪夢は中東から始まる

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年06月15日 07時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 198p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334039783
  • NDC分類 319.530
  • Cコード C0231

出版社内容情報



宮田律[ミヤタ オサム]

内容説明

アメリカの歴代大統領の大きな課題の一つに、対中東戦略が挙げられる。アメリカの同盟国であるイスラエルの安全をどう守っていくのか、石油をはじめとするエネルギーをどう確保していくのか、そして近年に入って過激化するテロ集団にどう立ち向かっていくのか―。トランプもまた、こうした課題に取り組まなければならない。しかし、新政権から声高に聞こえてくるのは、「イスラム・フォビア(反・嫌イスラム)」的な発現だ。イスラム世界に対する偏見やヘイトが、いかに世界を危うい方向に導く可能性があるかに着目すると同時に、これまで人類が時間をかけて築き上げてきた平和・民主主義・人権といった普編的価値の再考を促す一冊。

目次

第1章 トランプはどう動くか
第2章 新政権の危険な閣僚たち
第3章 移民問題
第4章 イスラエル・パレスチナ和平の崩壊
第5章 「軍産複合体」国家
第6章 テロは拡大する
終章 危機を乗り越えるために

著者等紹介

宮田律[ミヤタオサム]
1955年山梨県生まれ。一般社団法人・現代イスラム研究センター理事長。慶應義塾大学大学院文学研究科史学専攻修士課程修了、UCLA大学院修士課程(歴史学)修了。専門はイスラム地域研究、歴史学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。