光文社新書<br> 「みんな」のバカ!―無責任になる構造

電子版価格 ¥693
  • 電書あり

光文社新書
「みんな」のバカ!―無責任になる構造

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 206p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334032524
  • NDC分類 361.4
  • Cコード C0210

内容説明

「みんな」を求め、「みんな」に傷つけられた「わたし」は何処へ行く。

目次

1章 「みんな」って誰?(「みんなやっていることやないか!」;「赤信号」の法則 ほか)
2章 「みんな」の西欧思想史(法とは「みんな」の意志である;「みんな」による「みんな」の支配・全体主義 ほか)
3章 「みんなの責任」をどうするか?(「みんなの責任」の範囲;「自分で語ることのできない他者」への「責任」 ほか)
4章 「みんな」と「わたし」の物語(「みんな」から押し出された「わたし」;「わたし」が「みんな」から目覚める時 ほか)
5章 そして、「みんな」いなくなった!(「みんな」はいつまでも「みんな」なのか?;危ない時に出てくる「みんな」 ほか)

著者等紹介

仲正昌樹[ナカマサマサキ]
1963年広島県生まれ。東京大学総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程修了(学術博士)。現在、金沢大学法学部教授。社会思想史・比較文学を専攻
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ラウリスタ~

10
仲正ですら、こんな本を書くことがあるんだと勇気が湧いた。読む必要はない。2017/12/31

Humbaba

8
みんなに責任があるからこそ、自分には責任がない。みんなの中には自分も含まれるので、責任は一部だけあるのだが、それを積極的に負うべきは自分ではない。責任を取らなくても良いことがわかっているからこそそこまで本気で取り組もうとせず、結果的に失敗に終わる。誰も責任を足らないのに、積極的に成功に導こうとするモチベーションは持てない。2015/11/10

Humbaba

7
みんなで相談すればそれだけよい結果が得られるとは限らない.それどころか,責任が分散されることから,一人ならば行わないような愚かな結論を出してしまうことすらあり得る.正しい判断をしたければ,責任を持って結論を下せる環境を作ることが大切である.2011/10/31

yamikin

5
みんなを嫌がる私という「みんな」が持ってる価値観。自分をみんなと一緒にすることで無責任になる「私」と、都合が悪くなるとみんなのせいにする私。自己分析してるみたいな読書感。ハイデガーを絡ませて言及するところが味噌。ドイツ語の概念分析から現代の無責任社会を糾弾する好著。著者の数多の新書のなかでも意外とトップレベルに面白くサクサク読める2010/12/22

ころこ

4
ハイデガーをハイデッガーと表現している位昔の本なので、批判するのはむしろ可哀想なのですが、著者の黒歴史と言っても良い、考えるヒントになったり思索が深まったりすることが無い、凡庸なエッセイでした。もう、それ以上感想はありません。2017/07/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/439953

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。