抒情するアメリカ―モダニズム文学の明滅

個数:

抒情するアメリカ―モダニズム文学の明滅

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月18日 13時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 288p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784327481537
  • NDC分類 930.29
  • Cコード C3098

内容説明

常に抑圧の宿命を引き受け、しかしまさにそれがゆえに繰り返し回帰してくる「抒情するアメリカ」。その伝統を、メルヴィル、ノリス、キャザー、ハーストン、サローヤン、ジュナ・バーンズ、T・ウィリアムズ、カポーティ、そしてビーチ・ボーイズに読み込み、そのモダニスティックな文学的微光の明滅を跡づける。

目次

アメリカ文学と抒情
第1部 モダニスト・ロマンティックス(センチメンタル・メルヴィル―『白鯨』と異性愛の回帰;モダニスト・ノリス―『オクトパス』と詩情の回帰;越境する記憶―キャザーにおける南部の抑圧)
第2部 モダニズムズの振幅(回帰するハーレム―ハーストンとミュージカル;涙のゆらめき―ウィリアム・サローヤンとモダニズム;『夜の森』の獣たち―ジュナ・バーンズとヘミングウェイ;青いジャンルの誘惑―『欲望という名の電車』とエドガー・アラン・ポウ)
第3部 拡大モダニズムの射程(侵犯するモダニズム―テネシー・ウィリアムズとT.S.エリオット;喪失のパリンプセスト―カポーティと南部抒情文学;もう一度/もう二度と―ビーチ・ボーイズの明暗法)

著者等紹介

舌津智之[ゼッツトモユキ]
1964年、愛知県生まれ。専攻はアメリカ文学・ジェンダー批評。東京大学大学院修士課程修了。テキサス大学オースティン校で博士号取得。現在、立教大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

メルヴィルからビーチ・ボーイズまで、アメリカ文学界屈指の俊英の初のアメリカ文学論集。