「社会」への知/現代社会学の理論と方法〈上〉理論知の現在

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 201p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326601882
  • NDC分類 361.04
  • Cコード C3036

出版社内容情報

国家でも家族でもない、他ならぬ<社会>についての知として社会学が成立しうるとしたら、いかなる「理論と方法」によってなのか。

<社会>とはいったい何か、そう問うことそのものが<社会>の営みとしてあるという事態をどう捉えるか。社会学らしく問い社会学らしく答える「新教科書」全2巻。

 下巻:言説の歴史社会学の作法(赤川学)/カルチュラル・スタディーズの射程(伊藤公雄)/エンピリカルな構築主義への招待(中河伸俊) 等。

関連書:『社会学の古典理論』、数理社会学シリーズ全5巻(小社刊)


序章 <社会>への知の理論をめざして……盛山 和夫

第Ⅰ部 理論知の構築

第1章 構想としての探求 理論社会学の再生……盛山 和夫
第2章 古典理論の再構成 社会学の理論構成……高坂 健次
第3章 権力理論のロジック 社会学の説明形式……志田 基与師

第Ⅱ部 理論知の射程

第4章 <社会性>の起源・序 個と社会……大澤 真幸
第5章 閉じえぬ言及の環 意味と社会システム……佐藤 俊樹
第6章 合理的選択理論 行為と合理性……太郎丸 博
第7章 秩序問題への進化論的アプローチ 秩序と規範性……織田輝哉
第8章 こうもあれることのりくつをいう 境界の規範……立岩 真也
第9章 ポスト・ハーバーマスの批判社会学 理論と実践……土場 学

索引
編著者略歴・執筆者略歴 

内容説明

国家でも家族でもない、他ならぬ「社会」こそラディカルな問題である。ポスト・グランドセオリーの時代における社会学の「理論と方法」を求めて。

目次

「社会」への知の理論をめざして
第1部 理論知の構築(構想としての探求―理論社会学の再生;古典理論の再構成―社会学の理論構成;権力理論のロジック―社会学の説明形式)
第2部 理論知の射程(「社会性」の起源・序―個と社会;閉じえぬ言及の環―意味と社会システム;合理的選択理論―行為と合理性;秩序問題への進化論的アプローチ―秩序と規範性;こうもあれることのりくつをいう―境界の規範;ポスト・ハーバーマスの批判社会学―理論と実践)