はじめよう実験心理学―MATLABとPsychtoolboxを使って

個数:
  • ポイントキャンペーン

はじめよう実験心理学―MATLABとPsychtoolboxを使って

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2018年09月19日 02時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 185p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784326251063
  • NDC分類 140.7
  • Cコード C3011

内容説明

楽しみながら学べるプログラミング。心理学の実験に必要なプログラミングの知識を、実験の流れに沿って丁寧に解説。

目次

第1章 Psychtoolboxを使おう
第2章 プログラミングの基礎
第3章 刺激の作成と保存
第4章 刺激の提示と反応時間の取得
第5章 実験プログラムを作る:視覚探索
第6章 実験プログラムを作る:閾値の測定
第7章 これから先は?
付録 関数一覧

著者等紹介

実吉綾子[サネヨシアヤコ]
1978年生まれ。上智大学大学院総合人間科学研究科心理学専攻にて、博士(心理学)(上智大学)を取得し、帝京大学文学部助教を経て、帝京大学文学部講師。専門は認知心理学、認知神経科学

前原吾朗[マエハラゴロウ]
千葉大学自然科学研究科で博士(学術)を取得し、ポスドク研究員として金沢大学、マギル大学、上智大学、東京大学で勤務した。その後、神奈川大学人間科学部に准教授として赴任し、現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

心理学の実験において最もよく使われているMATLABとPsychtoolboxをベースに、人を対象にデータを取るためのコツやノウハウを紹介する。実験の意義や研究に必要な考え方にも触れつつ、反転図形、チェンジブラインドネス、視覚探索、閾値測定といった本格的な実験のプログラミングを、楽しみながら学ぶことができる。