新しいえほん<br> だっこだっこ

個数:

新しいえほん
だっこだっこ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月21日 05時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 32p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784323033792
  • Cコード C8793

出版社内容情報

くまのこは森のパン屋さんにおつかいに行きます。森の中で赤ちゃんをだっこしている動物たちを見て、お母さんに会いたくなり、かけだしたくまのこは、ころんで泣きだしてしまいます。優しさとだっこがいっぱいの絵本。

内容説明

くまのこが歌を歌いながら、ひとりで森の中を歩いています。お母さんの大好きなパンを買いに行くのです。でも、森のパン屋さんはお休みでした。とぼとぼと来た道をもどると、木の上から歌声が聞こえました。ふくろうのお母さんが赤ちゃんをだっこしています。「いいなぁ、だっこだっこ」しばらく歩くと、地面の下から歌声が聞こえました。もぐらのお母さんが赤ちゃんをだっこしています。くまのこが「だっこだっこ、だっこだっこ」と、歌いながら歩いていくと、川に出ました。丸木橋です!ドキドキしていると、きりんさんがだっこして渡ってくれました。急に、くまのこはお母さんに会いたくなって、かけだしてころび、泣いてしまいました。すると、「くまくん、どうしたの?」って…「だっこ」がいっぱいの絵本!

著者等紹介

つちだよしはる[ツチダヨシハル]
土田義晴。1957年、山形県鶴岡市生まれ。日本大学芸術学部油絵科卒業。『にわのはな』(フレーベル館)でデビュー。絵本や、児童書、教科書のさし絵を多数手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kawai Hideki

65
抱っこよりもパンの方が魅力的な甘えん坊絵本。パン屋にお使いに来た熊の子が、パン屋が休みのために手ぶらで帰るうち、お母さんに甘える子供を見て、自らも抱っこ心を呼び覚まされてしまう、というストーリー。いくら抱っこ抱っことつぶやいていたからと言って、他所様の子供を勝手に抱っこして連れ去るのはヤバイと思う。2015/07/19

boo

9
ステキなおはなしだなぁ。この本最後まで真剣に聞いていました。丸太橋が出てきたら怖いから無理だよ〜とか反応もしながら楽しそうにお話に入り込んでいました。読み終わった後、娘はだっこだっこ〜?とだっこを求め、息子はお兄ちゃんだからもうだっこはしないんだよ!と拒否。成長を感じました。(4歳半.2歳7ヶ月)2018/03/17

ちょこちょこ

8
5歳6ヶ月の息子に読み聞かせ。巡り巡ってルルーパンがもらえてよかったね。2019/07/30

遠い日

8
だっこは最高のスキンシップ。安心に包まれて、気持ちがゆったり。親切な大人にだっこしてもらうのは、いい経験になりましたね。2018/07/23

あじさい

3
図書館で借りました。絵がかわいくてストーリーも良いので、購入候補です。2020/10/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7195743

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。