実務詳説 特許関係訴訟

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 328p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784322118728
  • NDC分類 507.23
  • Cコード C2032

内容説明

知的財産権に関する最新の判例・学説・文献を網羅・検討し、立法的背景をも踏まえて裁判実務を解説する。各種論点に対し、経験と知見に基づく指針を開示。各種記載例を収録し、実務的視点で知財訴訟を分析する。知財訴訟に携わる裁判官・弁護士・弁理士・企業法務担当者必携の書。

目次

序章
第1章 特許権侵害訴訟の手続的論点(訴訟手続の概要;請求の趣旨 ほか)
第2章 特許権侵害訴訟の実体法的論点(侵害訴訟の当事者;要件事実 ほか)
第3章 国際化と特許関係訴訟(国際裁判管轄;準拠法 ほか)
第4章 審決取消訴訟の実務(審決取消訴訟の手続の概略;裁判所及び当事者 ほか)

著者紹介

高部眞規子[タカベマキコ]
島根県出雲市生まれ。昭和50年3月島根県立出雲高等学校卒業。昭和50年4月東京大学文科一類入学。昭和54年3月東京大学法学部卒業。昭和54年4月司法修習生(第33期)。昭和56年4月判事補(富山地家裁、東京地裁、千葉地家裁松戸支部)。平成3年4月高松地方・家庭裁判所判事。平成6年4月東京地方裁判所判事(民事第29部)。平成10年4月最高裁判所裁判所調査官。平成15年4月東京地方裁判所判事(民事第47部部総括、第32部部総括)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)