100の思考実験―あなたはどこまで考えられるか

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

100の思考実験―あなたはどこまで考えられるか

  • ウェブストアに48冊在庫がございます。(2022年07月06日 16時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 405p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784314010917
  • NDC分類 104
  • Cコード C0012

出版社内容情報

身体と脳、自意識、言語、宗教、芸術、環境問題など、多岐にわたるテーマから100の問いをまとめた、哲学的思考実験の見本帳。

●これは「読む」本ではありません。「考える」本です。●

「列車の暴走で40人が死にそうなとき、5人だけ死ぬほうにレバーを切り替えられるとしたらどうするか」

NHK「ハーバード白熱教室」で取り上げられた「トロッコ問題」のように、古代ギリシャの時代から哲学者たちは「思考実験」を“考えるためのシミュレーション・ツール”として用いてきました。

身体と脳・自意識・生命倫理・言語・宗教・芸術・環境・格差など、多岐にわたるテーマから選りすぐった簡単に“答え”の出ない、哲学・倫理学・論理学の100の難問があなたをぐらぐらと揺さぶります。


★世界19ヶ国で刊行! イギリス発ロングセラー!

【書評から】
・「読んでいて思わず引きこまれる。知的で愉快で、型破り。巧みでセンスのよい構成。誰かと議論したいのに、相手が見あたらないとき、繰り返し手にとりたくなる本だ」(Sunday Herald)

・「楽しんでできる頭の体操」(London Review of Books)

・「何度も考えることこそ、明敏で切れ味のよい本書の意図するところだ」(Sunday Times)

・「この本はさながら、道徳哲学の“数独”である。身動きできない地下鉄の中でも、“思考実験”のどれかに取り組めば、たちまち通勤地獄から抜け出せる」(New Statesman)

【目次(一部)】
01 邪悪な魔物――理性で理性を疑えるだろうか?
02 自動政府――コンピュータに政治ができるだろうか?
03 好都合な銀行のエラー――誰も損をしなければ何をしてもよいか?
04 仮想浮気サービス――不倫はなぜいけないのか?
05 わたしを食べてとブタに言われたら――動物の尊厳とはなんだろう?
06 公平な不平等――不平等が許される場合とは?
07 勝者なしの場合――結果がよければ何をしてもいいのか?
08 海辺のピカソ――芸術は永遠だろうか?
09 善なる神――宗教なしの道徳は成立するのだろうか?
10 自由意志――すべてはあらかじめ決定されているのか?

100 喫茶店で暮らす人たち――わたしたちも搾取の加担者だろうか?

このほか本書に含まれる思考実験
「テセウスの船」「マリーの部屋」「中国語の部屋」「ビュリダンのロバ」「哲学的ゾンビ」「アキレスと亀のパラドックス」「ニューカムのパラドックス」「囚人のジレンマ」「抜き打ちテストのパラドックス」「砂山のパラドックス」…

【著者紹介】
著者・ジュリアン・バジーニ
イギリスの哲学誌“The Philosophers' Magazine”編集長。各紙誌への寄稿、テレビ出演などをとおして、哲学をわかりやすく一般に解説する哲学者としての顔ももつ。邦訳された共著に『倫理学の道具箱』『哲学の道具箱』(共立出版)、『哲学者は何を考えているのか』(春秋社)がある。

訳者・向井和美
京都府出身。早稲田大学第一文学部卒業。翻訳家。訳書に『仕事力がダントツに伸びる7つの冴えた方法』(PHP研究所)ほかがある。

内容説明

列車の暴走で40人が死にそうなとき、5人だけ死ぬほうにレバーを切り替えられるとしたらどうするか?身体と脳・生命倫理・言語・宗教・芸術・環境・格差…「ハーバード白熱教室」で取り上げられた「トロッコ問題」をはじめ、哲学・倫理学の100の難問。

目次

邪悪な魔物―理性で理性を疑えるだろうか?
自動政府―コンピュータに政治ができるだろうか?
好都合な銀行のエラー―誰も損をしなければ何をしてもよいか?
仮想浮気サービス―不倫はなぜいけないのか?
わたしを食べてとブタに言われたら―動物の尊厳とはなんだろう?
公平な不平等―不平等が許される場合とは?
勝者なしの場合―結果がよければ何をしてもいいのか?
海辺のピカソ―芸術は永遠だろうか?
善なる神―宗教なしの道徳は成立するのだろうか?
自由意志―すべてはあらかじめ決定されているのか?〔ほか〕

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

風眠

51
答えは「ここです」という終着点のない思考は、果てしが無くておもしろいと思う。思考をどこで停止させるかどうかも、決めるのは私。限りなく自由で、自由だから果てしない。頭を切り換えるのに、ひとつふたつ選んで読むのが良さそう。100の思考実験の中には、ダグラス・アダムス『宇宙の果てのレストラン』からの引用もいくつかあって、なんだかすごーく嬉しかった。ちょっとひねくれてて、モンティ・パイソンぽくて、ハチャメチャコメディというのは、どことなく不条理で、どことなく哲学に通じてるものなのかもしれないね、なんて。2013/05/31

あおい

35
良書でした。「不倫はなぜいけないのか?」「不平等が許される場合とは?」「犠牲になる命を選べるか?」「罪を犯しそうな人を罰してよいか?」「神は存在するのだろうか?」「聞く人がいなくても音はするのか?」「真でも偽でもない文とは?」「痛くない痛みはありえるのだろうか?」など…様々な思考実験と筆者の解説が書いてある。一つ一つは短いし、内容も多岐にわたっているので、哲学の入門として面白かった。2018/09/09

奏市

28
津村記久子さんの『枕元の本棚』からの一冊。イギリスの哲学雑誌編集長の書。わかりやすい身近な(という体の)100の例題で、各自がどう考えるか問うてくる。考える必要もない馬鹿げたと思いたくもあるが、でも実は大事な倫理的主題があったりして、考え出すときりなく、つまり途中で考えるのを諦めざるを得ないのが多かった。ただ、屁理屈ばかりの自分には合ってたかな。頭疲れる為少しずつしか読み進められず。『ゾンビ』の編は自分が小学生の頃に感じた強烈な思いと裏返しの内容。自分以外の他人が全員心を持っていると考えたら恐ろしかった。2020/09/20

ヨクト

28
「これからの正義の話をしよう」でも取り上げられていた「トロッコ問題」のような正解のない哲学的な問を100問集めたもの。問の質にはいろいろあるがなかなか面白かった。帯に書いてあるように読む本ではなく考えることが多かった。正解はない問にも自分なりの答えを持つことは大切。2014/09/20

小木ハム

27
倫理、哲学、論理の問題集。表紙の謎のラクガキ?通り柔らかく読みやすい。1トピック3~4頁で先ず問題定義の小話があり、後に著者の見解が連なるので自分なりの考えを出してから見解に進めると楽しめる。有名なパラドクスネタ、答えのない倫理問題など割と簡単に私見回答が出せるものもあれば出せないものも。個人的に『脊髄反射で盲目的な″善″と、論理的で目的思考な″善″ではどちらが重要か?』という問題が刺さった。こういった雲を掴むような話は、雲を閉じ込める枠(=条件付け)で先に囲まないと白黒出せないですね。2019/03/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4545450

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。