Kawade夢ムック
総特集木皿泉 - 物語る夫婦の脚本と小説

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 231p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784309977935
  • NDC分類 912.7
  • Cコード C9495

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯

48
『すいか』の素晴らしさを聞いてはいたものの、聞いた時にはすでにドラマの放送は終わっていた。『昨日のカレー、明日のパン』を読んで、もっと木皿泉さんのことを知りたくなった。川上弘美さんと高山なおみさんの対談も目当てのひとつ。ご夫婦のインタビュー、ラジオドラマの脚本『LET IT PON』(泣いた!)、未発表小説『晩パン屋』もよかった。遅ればせながら追いかけたい作家。ドラマ『すいか』もレンタルしたい。2016/04/11

林 一歩

36
ラジオドラマの「道草」とテレビドラマの「すいか」しか視聴したことないけれど、とても印象に残る作品で、名前はずっと気になってました。未聴のテレビドラマをレンタルしようっと。2015/04/11

ほたて

31
代表作はいろいろあるけど、私にとって木皿泉と言えば『すいか』。『すいか』が放送されていた夏は、私の人生も夏休みみたいな時期だった。もうすぐ1歳になる子を抱えて、曜日や時間から解放された自由な時間を過ごしていた。そして、世間からも自由で、それが少し楽しく少し不安だった。何にも縛られてないのに、心の中では、ここではないどこがに焦がれて「私どこにも行けない」って、飛行機や高速バスを見ると飛び乗りたくなった。そんな時に、大人しかでてこないこのドラマを見ることが、すごく楽しみだった。2013/06/28

ササミ

20
『晩パン屋』、ラジオドラマのシナリオが面白かった!木皿ファン必見の1冊。『すいか』また見たくなりました。DVD欲しいな。2014/02/27

わんこのしっぽ

19
この本を読むまでご夫婦での共作とは知らず^^;短編「晩パン屋」やっぱり良いですね。あまりドラマを見たことが無かったので少しずつレンタルして観ようかな~。2013/07/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6522972

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。