ふくろうの本<br> 図説英国クイーンとプリンセス

個数:
  • ポイントキャンペーン

ふくろうの本
図説英国クイーンとプリンセス

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月14日 02時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 128p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784309763262
  • NDC分類 288.493
  • Cコード C0322

出版社内容情報

女王の栄華と苦悩。姉妹・娘・嫁として王室を支えたプリンセス。彼女たちは文化的遺産を残したが、スキャンダルとは無縁ではいられなかった。新たな視点で描くロイヤルファミリー女性秘話!

著者情報
2002年開校。美術展示やドラマ・映画の台本監修、ティールームオーナー・紅茶講師を養成。『図説英国紅茶の歴史』『図説ヴィクトリア朝の暮らし』(河出書房新社)、『名画のティータイム』(創元社)等多数。

内容説明

スキャンダルは繰り返される。22人の王妃たちの愛憎劇。渦巻く野望・嫉妬、王権をめぐる権力闘争、お世継ぎ問題。王妃、王女たちの波瀾万丈でドラマチックな人生。もうひとつの英国史。

目次

キャサリン・オブ・ブラガンザ
メアリー・オブ・モデナ
メアリー二世
クイーン・アン
ドイツ編 ゾフィー・フォン・デア・プファルツ
ドイツ編 ゾフィー・ドロテア・フォン・ツェレ
ドイツ編 ゾフィー・シャルロッテ・フォン・ハノーファー
キャロライン・オブ・アーンズバック
オーガスタ・オブ・サクス=ゴータ
シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツ
キャロライン・マチルダ
マリア・フィッツハーバート
キャロライン・アメリア・エリザベス・オブ・ブランズウィック
シャーロット・オーガスタ・オブ・ウェールズ
アデレイド・オブ・サクス=マイニンゲン
ヴィクトリア・オブ・サクス=コバーグ=ザールフィールド
アレクサンドリナ・ヴィクトリア
アレクサンドラ・オブ・デンマーク
メアリー・オブ・テック
エリザベス・アンジェラ・マーガレット・ボーズ=ライアン
エリザベス二世
ダイアナ・フランセス・スペンサー

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Nat

38
図書館本。家系図を見ると、メアリー・スチュアートの息子のジェームズ1世の血筋が、現在のウィンザー朝まで続いていることがよくわかる。ゾフィーが多すぎて理解するのが大変!前から興味深いゾフィー・ドロテアの不幸は、姑ゾフィーが父親の元婚約者で、彼女の父親によって容姿が原因で婚約破棄されたこと。姑はその後元婚約者の弟と結婚。そして、彼女の父親が生涯独身を誓ったのにも関わらず絶世の美女と出会ったことによって貴賤結婚をして生まれた一人娘がゾフィーだったという複雑な関係性と恨みから、姑から敵対視されていたことも原因か。2023/11/25

ihatov1001

5
17世紀から現代にいたるまでの、英国王室にまつわる22人のクィーンおよびプリンセスの生涯を綴った一冊です。どの女性も孤影があり千差万別で興味深いです。ラストを飾る22人目がエリザベス二世ではなく、ダイアナ元妃なのがまた面白いです。2023/07/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21006641
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。