ふくろうの本<br> 図説 英国紅茶の歴史

個数:

ふくろうの本
図説 英国紅茶の歴史

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年01月18日 09時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 135p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784309762166
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C0322

内容説明

ホテルのアフタヌーンティー、こだわりのティーカップ、おいしい紅茶にティーフード、カントリーサイドの素敵なティールーム。トワイニング、フォートナム&メイソン、リッジウェイ、リプトン、ブルックボンドをめぐるエピソード満載。イギリス帝国の発展とともに開花した紅茶文化のすべて!!

目次

第1章 英国に紹介された東洋の茶
第2章 英国宮廷喫茶の発展
第3章 茶消費の拡大と一般への普及
第4章 茶貿易の苦難とインドでの製茶への期待
第5章 ティートータル運動とアフタヌーンティーの流行
第6章 紅茶は国民飲料へ
第7章 ティールームの発展と世界大戦
第8章 戦争を乗り越えて二一世紀へ

出版社内容情報

紅茶を愛した英国王、女王。紅茶専門店や陶磁器のブランド、英国菓子、紅茶缶やティータオルなど。英国紅茶に関する決定版ガイド!!

【著者紹介】
少人数制の紅茶教室としてスタート。現在は日暮里・谷中に英国住宅を建築し運営。著書に『図説 英国ティーカップの歴史 ---紅茶でよみとくイギリス史』(河出書房新社)、『紅茶のすべてがわかる辞典』(ナツメ社)。