松尾芭蕉/おくのほそ道 与謝蕪村 小林一茶 とくとく歌仙

個数:
電子版価格 ¥2,640
  • 電書あり

松尾芭蕉/おくのほそ道 与謝蕪村 小林一茶 とくとく歌仙

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月22日 03時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 548p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309728827
  • NDC分類 918
  • Cコード C0393

出版社内容情報

三人の発句を松浦寿輝、辻原登、長谷川櫂が精選し評釈を付す。他に「おくのほそ道」(新訳)、「とくとく歌仙」(丸谷才一他)など。

松浦 寿輝[マツウラヒサキ]
1954年東京生まれ。詩人・小説家。東京大学名誉教授。2000年「花腐し」で芥川賞受賞。

辻原 登[ツジハラ ノボル]
1945年生まれ。90年「村の名前」で芥川賞を受賞。『飛べ麒麟』で読売文学賞、『遊動亭円木』で谷崎賞、「枯葉の中の青い炎」で川端賞、『許されざる者』で毎日芸術賞受賞。著書多数。

長谷川 櫂[ハセガワ カイ]
1954年熊本生まれ。俳人。

丸谷 才一[マルヤ サイイチ]
1925-2012。作家・英文学者。山形県生まれ。東京大学英文科卒。「年の残り」で芥川賞、『たった一人の反乱』で谷崎潤一郎賞など受賞多数。他『後鳥羽院』『輝く日の宮』、ジョイス『ユリシーズ』共訳など。

大岡 信[オオオカ マコト]
1931年静岡県生まれ。詩人。東京藝術大学名誉教授。

高橋 治[タカハシオサム]
1929年千葉県生まれ。小説家・劇作家。1983年『釣師』で直木賞受賞。

内容説明

東北・北陸の各地を旅し、数々の名句や研ぎ澄まされた散文による夢幻的紀行「おくのほそ道」(新訳・松浦寿輝)をはじめ、「閑さや岩にしみ入蝉の声」(芭蕉)、「夏河を越すうれしさよ手に草履」(蕪村)、「白魚のどつと生るゝおぼろ哉」(一茶)といった名句の数々と、連句「『鳶の羽も』の巻」、長詩「春風馬堤曲」など、江戸期俳諧三人の巨星の名句・連句を精選し、新たに評釈を付す。俳諧の文学的・詩的魅力を味わい尽くす最良の入門書。他に、鼎談形式で歌仙を愉しむ『とくとく歌仙』より「『加賀暖簾の卷』について」なども収録。

目次

松尾芭蕉(おくのほそ道;百句;連句)
与謝蕪村(夜半亭饗宴)
小林一茶(新しい一茶)
とくとく歌仙(歌仙早わかり;「加賀暖簾の卷」について)

この商品が入っている本棚

1 ~ 4件/全4件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

110
この巻には俳句の文学作品としての位置づけとして、芭蕉、蕪村、一茶、それと対談集が収められています。芭蕉は昔の参考書で奥の細道を読んだばかりでしたので、この現代語訳はすらすらと読めました。蕪村は辻原さんが選んだ句、一茶は長谷川櫂さんが選んだ句がそれぞれ収められています。この3人はそれぞれ特徴があり様々な句を楽しめます。対談集は丸谷才一、大岡信、高橋治のもので昔読んだものですが、皆さん言いたいことをいっていて自分も句がるくれるのではと思わせてくれます。2016/06/24

starbro

88
池澤夏樹=個人編集 日本文学全集全30巻完読チャレンジ第十八弾です。ようやく60%まで来ました!人生でこんなにいっぺんに多くの俳句を読んだのは、初めてです。俳句は自然を切り取り余韻を残すイメージが強いのですが、恋の句も結構詠まれているのは、大変新鮮でした。マイベストは松尾芭蕉の「荒海や佐渡に横たふ天の川」です。私の故郷を詠んだ句で、日本海と満点の星空の対比がダイナミックで魅力的です。最期に一句「夏の宵 讀書米(メーター) 本の杜」お粗末様でした(笑)2016/07/15

tamami

46
何かの拍子に購入してずっと書棚の肥やし?になっていた全集本の一冊。俳句俳文が主なのに、小さな活字の詰まった文章のなんと濃密なこと。ようやくの思いで読み切る。取りあえずの収穫は、現代語訳という形ではあったが、芭蕉の『奥の細道』を全文通して読むことができたこと。高校以来のことかな。一緒に収録されている蕪村と一茶については、聞きかじった名句の幾つかを目にする度に、解説される文章の深さに驚嘆する。『とくとく歌仙』では、登場のお三方が皆亡くなられていることに、全部文学史上の出来事になってしまったという感慨を覚える。2021/07/17

ぐうぐう

23
俳諧を主題とした『日本文学全集』第12巻。松尾芭蕉、与謝蕪村、小林一茶という三人の巨星と、鼎談形式の『とくとく歌仙」を収録している。芭蕉の「おくのほそ道」はあまりに有名だし、知っている句もあるが、通して読むのは初めてだ。句ももちろんおもしろいのだが、紀行文がすごく読ませる。芭蕉の句を、あるいは紀行文を読んでいると、何気ないものをいかに想うか、ということをしみじみと痛感させられる。蕪村の句では、さらにそれを強く感じる。芭蕉よりも素っ気なく、地味な句が多いにも関わらず、だからこそ感動も大きくなる。(つづく)2016/06/15

fishdeleuze

20
松尾芭蕉/松浦寿輝のみ。『おくの細道』、百句撰、そして俳諧を所収。芭蕉の句解において古典的解釈はもちろんのこと、西洋古典や現代思想の引用もまじえての解釈はとても興味深いものだった。それだけ芭蕉の句は普遍性をもつということだろうか。とりわけ好きなのはいくつかの多義的な句だ。一つのイメージのその奥にもう一つ別の世界が見える。言葉がフックとなって風景が浮かんでくるだけではなく、音や皮膚感覚まで現前される。またその奥にもうひとつ世界がある。読んでいて圧倒的な感覚があった。わずか十七字の宇宙。2017/04/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8322939

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。