河出文庫<br> 百合小説コレクション wiz

個数:
電子版価格
¥1,100
  • 電書あり

河出文庫
百合小説コレクション wiz

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月23日 06時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 416p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309419435
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0193

内容説明

恋慕、友愛、情念…女性同士の様々な関係性を捉える“百合”。大きなうねりを見せるこの世界に名手たちが挑む。信条が恋人をすれ違わせる斜線堂有紀「選挙に絶対行きたくない家のソファーで食べて寝て映画観たい」、“百合を創る”営為を問う深緑野分「運命」、ある写真が記憶と今を結ぶ宮木あや子「エリアンタス・ロバートソン」など、百合小説の精華8篇を収めた珠玉のアンソロジー。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

雪紫

72
「本編だけ」には収まらない、河出文庫の百合への本気を見た。「彼女。」でもそそられた最初の斜線堂さんで心持ってかれたのも束の間、様々な百合が襲いかかる(最後の深緑さんで終わるのがもう・・・)。甘いだけじゃ物足りない。恋の不安は見たいけど、生きづらさや苦悩を重視し過ぎると・・・なひとには(まったくないとは言わないけど)太鼓判。「選挙」「パン」「悪い奴」「魔術師」が好み。読友さんおすすめな「蝶と帝国」早く読んでみたい。と思う1冊。・・・勿論それだけじゃないけどね( ̄ー ̄)ニヤリ。2023/02/10

がらくたどん

70
河出が記念刊行している『スピン』という季刊雑誌の最新号で坂崎かおるさんの巻頭短編にとても惹かれたので河出主催の百合文芸小説コンテスト大賞作が読みたくて初めて「百合」を冠した作品集を購入してみた。お目当ての「嘘つき姫」は大戦中の複雑な欧州を舞台に魂の片割れを抱きしめる代わりに生きるため・生かすための嘘を握りしめて生きた二人の少女の人生を描いた圧巻の中篇。他も斜線堂さんの「能天気にラブラブ」すら許されない同性恋愛のスタートラインへの苛立ちを描く「選挙に絶対行きたくない~」はその企みに満ちた展開に拍手⇒ 2023/07/14

なっぱaaua

58
「彼女。」「アステリズムに花束を」とか小説界隈では百合小説アンソロジーが流行ってますね。ラノベでも文芸でもそういう作品が増えてきました。SFマガジン2019年2月号が重版連発したのも記憶に新しい。今回は8編の短編が収録されています。今作もどれも面白いしレベルが高かった。特に「パンと蜜月」「エリアンタス・ロバートソン」「嘘つき姫」「魔術師の恋その他の物語」は好みだった。ファンタジーから日常まで。百合とはいっても表現の仕方がどれも違っていてとても興味深い。2023/03/08

芳樹

51
愛情、友情、憎悪その他もろもろ大きな感情をぶつけ合うのが百合であるならば、百合物語の世界はなんと広く自由なのだろう、と思いながら読んでいました。どの作品も素敵なのですが、個人的にはテーマのスケールが大きい、南木義隆氏の『魔術師の恋とその他の物語』がぶっ刺さりました。2023/02/16

よっち

41
実力派作家の書き下ろしと百合文芸小説コンテスト発の新鋭が競演する、八編のアンソロジー。斜線堂さんの選挙に絶対行きたくない見解の相違、小野さんの私たちが失った三年間、櫛木さんの夫とその愛人と三人の奇妙な同居生活、宮木さんの教師とパートナーの別離と女子高生、アサウラさんの彼氏ができた友達を拉致する話、坂崎さんの嘘つき姫とみんなの嘘、南木さんのとある魔術師の恋の物語、深緑さんの恋人を助けないと崩壊する世界と運命。思っていたよりもカオスな関係が描かれていて、作品によっては好みが分かれそうですが興味深く読めました。2023/03/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20432612
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。