河出文庫<br> 日本語のかたち

個数:
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
日本語のかたち

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月21日 17時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 195p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309412092
  • NDC分類 810.4
  • Cコード C0195

内容説明

一、二、三…は横長なので欧文と違って縦書きがふさわしい、日本語はいまだ言文不一致である、等々の慧眼が光る出色の日本語論、ことばの姿かたち論。「形式的」がいけないことを指すようになってしまった現状に異を唱え、スタイルの思想、名文、漢字と仮名、直線と曲線、語尾論…から復権する、日本人が失ったものを求めて。

目次

立てるか寝かすか
スタイルの思想
名文
金言名句
漢字そして仮名
直線と曲線
刷る文化
声のかたち
終りよければ…

著者等紹介

外山滋比古[トヤマシゲヒコ]
1923年、愛知県生まれ。英文学者、エッセイスト。東京文理科大学英文科卒。『英語青年』編集長を経て、東京教育大学(現筑波大学)、お茶の水女子大学(現名誉教授)などで教鞭を執る。エディターシップ、思考学、日本語論などの分野で独創的な仕事を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ネムル

10
いまいち。日本語のあり方に色々もの申してるわりには具体的な傍証に欠け、これでは近所に住んでるようなうるさい親父と対して変わらん。漢数字一二三のように横に伸びた字形が多いので、読むには縦書きのが適しているという指摘は面白い(ローマ数字ⅠⅡⅢを読むには、横書きのが適しているように)。2017/12/02

壱萬弐仟縁冊

6
新刊棚から拝借。1980年初出。国語が縦書きの常識が、横書きに(11ページ)。敬語の本も昨日書店で横書きだった。常々、日本の新聞がいつ、横書きになるかと。毛筆礼讃(22ページ~)は、手書きが減ってきたため、逆に新しさがある。日本社会は自己主張を嫌う(44ページ)。そんな時代もあったが、格差社会では主張しても自己責任と言われかねない。2013/04/13

k

6
「書を習っていて、自分の字に合う墨の色を考えるようになるまでには十年はかかるのではないかと思う。それまでにはたいていの人はやめてしまう」いつも考え方のヒントを与えてくれる外山先生。縦書きの新聞はなぜ横書きに向かないかなど、独特の語り口に引き込まれる。2013/04/02

isao_key

5
形を変えれば進歩であるといった考え方が、形式軽視と結びついて、世の中を実際以上に不安定なものに感じさせている。すべて形、形式が崩れたり、消えたりしている中にあって、ただひとつ頑なに形を守っているのが書道である。そんなとき書道専門誌「墨」に連載を書くことになり、ことばのかたち、について書くことに決めた。9回の連載をまとめ『ことばの姿』として1980年に出版する。改めて新版にしたのが本書だと紹介している。本書には著者の日本語についてのこだわり、流儀、所作、姿勢がしっかり描き出されている。 2013/04/07

Ko

2
全体的に作者の思い込みで、根拠を提示せずに自論を展開してくるので、その自論があってるのかも知れないが独りよがりな感じがしてしまう。 持ち出してくる題材が古く、共感出来ない。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6495848

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。