河出文庫
父が消えた

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 304p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309407456
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

お墓というのは、家の中でいうとお風呂場みたいだ―。父の遺骨を納める墓地を見に出かけた「私」の目に映るもの、頭をよぎることどもの間に、父や家族と過ごした時代の思い出が滑り込む、第84回芥川賞受賞作「父が消えた」。その他「星に触わる」「お湯の音」など、初期作品5篇を収録した傑作短篇集。

著者等紹介

尾辻克彦[オツジカツヒコ]
1937年、横浜市生まれ。武蔵野美術学校中退後、赤瀬川原平の名で美術活動を行う。79年、尾辻克彦の名で書いた『肌ざわり』で中央公論新人賞、81年に『父が消えた』で芥川賞、83年に野間文芸新人賞を受賞。著書多数
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

遥かなる想い

197
第84回(1980年)芥川賞。 昭和の風情満載の物語である。 汽車に乗りながら、父の人生に想いを かける…読んでいると 懐かしい気分に させてくれるのが 素直に嬉しい。 馬場くんとの軽妙な会話をとして、 思い出す父との記憶が 印象的な物語だった。2017/11/01

kaizen@名古屋de朝活読書会

143
芥川賞】三鷹から東京と逆に行くと旅行になる。なるほど。簡潔な文章。作家と編集者の関係、名古屋にいたこと、美術学校に行ったことが話にでてくる。文学以外の筆名は赤瀬川原平。愛知県立旭丘高校美術科で本人の話と一致。本人の経験に基づいた話であることが推測できる。作者の時代背景と、作品の時代背景の交差点。どちらにも興味がないと無味な駄文に思うかも知れない。赤瀬川原平の作品を知っていれば、そこを狙っていることが分かる。2014/07/21

おいしゃん

80
【芥川賞作品】いやはや、さすが赤瀬川さん(著者名はペンネーム)。芥川賞の表題作と他4編とも世界観が本当に面白い。最後の「お湯の音」など、親子で出前を取ろうという話になり、銭湯の出前!を注文。やってきた番頭さんが丼に湯を注げば、自宅が銭湯になり…。天才的な芸術家は、文章を書いてもやはり天才的な面白さであった。2015/02/28

ヴェネツィア

74
1980年下半期芥川賞受賞作。この時は田中康夫の『なんとなくクリスタル』が候補にノミネートされながら落選。もっとも、売れ行きと作品の認知度では、こちらが圧勝したのだが。さて、本作の『父が消えた』であるが、この作家の作品は初読だったので、タイトルからは安倍公房の書くようなシュールな世界を想像していた。実際は三鷹から中央線に乗って高尾の公営墓地に向う現実と、主人公の過去とが交錯する私小説風のものだった。選考委員だった大江健三郎の評―短篇というジャンルの「異化」―は、当時はともかく、今では首肯しにくいようだ。2013/08/07

James Hayashi

32
芥川賞受賞作を含む短編集。著者は赤瀬川原平も名乗りイラストレーターとしても活躍。独特の感性を感じ、著者の世界観に引き込まれる。純文学っぽくなく、まったりした読後感。2019/07/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/520377

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。