エネルギーの物理学―力学、熱力学から統計力学まで (復刻新版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 220p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309252711
  • NDC分類 420
  • Cコード C0042

内容説明

「エネルギーとは何か?」「重力とは…」「原子力とは?」物理学の基礎を対話形式で学べる不朽の名著、復刊。

目次

1 力学プロムナード(立場の相違;エネルギーと自治権;神様はむだをしない;波動は回り道をする)
2 熱とエネルギー(カロリック;熱と仕事;熱平衡と準静的過程;熱力学の第1法則;熱力学の第2法則;エントロピー;自由エネルギー;ゴム弾性の熱力学)
3 統計力学の世界(正準集合;熱力学との関係;ファン・デァ・ワールス気体;マックスウェルの分布;固体の比熱;量子統計法)
4 原子力の世界(核分裂;連鎖反応の可能性;原子炉の理論;原子力の問題;核融合反応)

著者等紹介

砂川重信[スナカワシゲノブ]
1925‐1998年。東京に生まれ、旧制静岡高校を経て、大阪大学理学部物理学科卒業。その後大阪大学助手、大阪大学助教授、東北大学教授を経て大阪大学教授。理学博士。専攻は理論物理学、とくに場の量子論・量子力学的多体問題(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。