言語と精神

個数:
  • ポイントキャンペーン

言語と精神

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月21日 14時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 357p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309245560
  • NDC分類 801
  • Cコード C0010

内容説明

人間はなぜ“言語”を習得できるのか。言語学に革命をもたらした生成文法とその最重要概念“普遍文法”について、チョムスキーが一般向けに解説した名著、待望の新訳。

目次

第1章 精神の研究に対して言語はどんな貢献をするのか―これまでになされたこと
第2章 精神の問題に対する言語学の貢献―現在行なわれていること
第3章 精神の研究に対する言語学の貢献―未来になされるべきこと
第4章 自然言語の形式と意味
第5章 言語の形式的性質
第6章 言語学と哲学
第7章 生物言語学と人間の能力

著者等紹介

チョムスキー,ノーム[チョムスキー,ノーム][Chomsky,Noam]
アメリカ合衆国マサチューセッツ工科大学の教授。ペンシルベニア大学を卒業し、同大学で博士号を取得

町田健[マチダケン]
名古屋大学大学院文学研究科教授。専門は言語学。1957年福岡県生まれ。1979年東京大学文学部卒業。1986年東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得。東京大学助手、愛知教育大学、成城大学、北海道大学助教授を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

yooou

7
難しすぎて読破できませんでした。言語から人間の精神を探索するという大胆な切り口にはとても興味が沸きましたが、どうがんばっても歯がたちませんでした。2012/07/02

塩崎ツトム

3
……うん、いきなりチョムスキーそのものを読もうとするんじゃなかったな。書いてあることの少しも理解できんかった。2014/10/08

roughfractus02

2
言語を習得過程から検討する著者は、従来の言語学の意味と音声の区別を受け入れ、主に意味や解釈を結びつける深層構造と主に音声を形式を結びつける表層構造を設定し、両者を関連させる規則を文法変形と呼び、プログラミング言語同様の構文分析を導入して、名詞句や動詞句から構文木を生成する事例を示していく。言語学を踏襲した二層構造からコンピュータ言語への接続への転換は多くの課題を残すが、変形生成文法仮説は構文的観点から精神現象をモデリングした。68年刊の本書の設定はさらに検討を経てMP(ミニマリスト・プログラム)へ向かう。2017/05/03

GASHOW

2
調子にのって読んでみましたが、難しかった。文法を公式のように説明してくれているので、英語に精通している人は、深く理解ができると思う。2014/03/04

御光堂

0
チョムスキーの著作の中では比較的分りやすいと思う。人間には普遍文法が先天的に備わっているという一貫した立場が繰り返し述べられる。ここで説明されている統語論はミニマリスト以前のものなので、現在の最新の生成文法に触れようというのには向かない。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3458472

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。