世界地図から歴史を読む方法―ナショナリズムと移民編

個数:

世界地図から歴史を読む方法―ナショナリズムと移民編

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2020年02月25日 16時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 231p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784309227894
  • NDC分類 316.8
  • Cコード C0022

内容説明

経済が一体化した現代、クルド人問題やロヒンギャ弾圧など世界各地で起きている紛争は“遠い国の出来事”ではすまされなくなっている。では、こうした争いはなぜ起こるのか?世界地図を広げて「望まない・望まれない民族の移動」という視点から歴史を読み直せば、その原因と問題解決の糸口までも見えてくる!

目次

21世紀の国際問題のもとは「望まない・望まれない民族移動」
移民国家アメリカの自国第一主義は、中国との経済戦争を加速させるか
中国ナショナリズムに拠る拡大路線が世界にもたらすものとは
中近東、東欧へと勢力を伸ばし、他民族に圧力をかけるロシア
民族分断、悪化する日韓関係。根本には“被支配”の歴史がある
EU離脱によって危惧されるイギリス国内の民族対立
難民問題と頻発するテロ…ヨーロッパは今、なぜイスラム化する?
カタルーニャとバスクがスペインから独立したがる歴史的理由
ヨーロッパにしてイスラム。二つの世界の狭間で揺れるトルコ
アラブ世界の内戦と国家対立、イスラム過激派の活動は止むのか
建国の夢が果たせぬまま大国の思惑に翻弄されるクルド人
中近東の“異分子”イスラエルが今、緊張度を強めているわけ
黒人大統領マンデラの誕生後も「格差」が残る南アフリカ
ヒンドゥ教徒とイスラム教徒の反目がカシミール紛争を生んだ
フィリピンのイスラム勢力を刺激するドゥテルテ大統領のポピュリズム政策
ミャンマーは、なぜ軍によるロヒンギャの弾圧を“黙認”するのか

著者等紹介

武光誠[タケミツマコト]
1950年、山口県生まれ。東京大学文学部国史学科卒業。同大学院博士課程修了。文学博士。2019年3月に明治学院大学教授を定年で退職。専攻は日本古代史、歴史哲学。比較文化的視点を用いた幅広い観点から日本の思想・文化の研究に取り組む一方、飽くなき探究心で広範な分野にわたる執筆活動を展開している。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

トランプの登場、イギリスのEU離脱、イスラム圏との摩擦…。その問題の根源を、民族の望まない移動という歴史的視点から解説する!