光秀からの遺言―本能寺の変 436年後の発見

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

光秀からの遺言―本能寺の変 436年後の発見

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月23日 13時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 331p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309227436
  • NDC分類 210.48
  • Cコード C0021

出版社内容情報

光秀の末裔執念の歴史捜査ついに完結! 明智光秀の「前半生」と「系譜・出自」の初解明で史上空前のクーデターのすべてが明らかに!

明智 憲三郎[アケチケンザブロウ]
著・文・その他

内容説明

末裔による「歴史調査」ついに完結!謎だった光秀の前半生を完全解明!

目次

系譜編(歪められた真実;明智系図の捜査;光秀の所在の捜査;新証拠による解明;解明された光秀の出自;土岐明智氏史料年表)
生涯編(明智光秀生涯ストーリー;明智光秀人物ストーリー;明智光秀全史料年表)

著者等紹介

明智憲三郎[アケチケンザブロウ]
1947年生まれ。明智残党狩りの手を逃れた光秀の子・於寉丸の子孫と伝わる。慶応義塾大学大学院工学研究科修士課程修了後、大手電機メーカーに入社。一貫して情報システム分野で活躍する。長年の情報畑の経験を活かした科学的歴史研究のアプローチ「歴史捜査」を駆使して精力的に研究、執筆、講演を続けている。日本歴史学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

猫ぴょん

19
今なお謎の多い明智光秀は戦国武将の中でも好きなひとりなんだけど。 今まで史実だと思っていたことがことごとく「違う」と言うことにビックリ。 江戸時代の「明智軍記」の罪は深いなー。 いつの間にか捻じ曲げられて人々の記憶に刷り込まれて行く・・・・・。 う~ん(-_-)今チラチラ見てる大河もなんか違う・・・・・。 歴史って興味深いね! 2020/02/17

なつみかん

12
〝明智光秀〟文字としてイイ!僕には格好良くて好きなんだ。光秀その人の実像は禿げていて金柑頭と言われるが、僕の脳内ビジュアルは結構なロマンスグレーの男前でいる。垣根涼介さんの「光秀の定理」から「信長の定理」と追いかけてきて、これまでたどり着いたんだ。全部まとめて面白い。2020/06/09

Makoto Yamamoto

11
著者の作品3作目。 一般的に信じられている光秀ストリーを主に一次証拠を積み上げ、推論を組み立てていく方式が興味深い。この方式で不明とされていた光秀への系図を含めて前半生が見えてくるいい作品だと思う。 光秀を怨念だけで突如行動する軽い武将ではなく、シッカリした考えの元行動する武将であったことは証明されていると思う。これは先祖を貶めたくないとする強い思いからきているのだろう。 一貫して主張している本能寺の変の裏考察をいつも興味深きく読ませてもらっている。 来年の大河ドラマが主張の一部を取り入れたら面白い。 2019/10/17

KAN

10
著者の本は文庫本に続き2冊目。最新刊らしい。「歴史捜査」という手法は従来の歴史学からは異端的に見えるらしく、一部では「歴史修正主義者」のような批判を受けているようで、本書でもそううかがえる記述があるが、先入観抜きに読めば、納得のいく手法であり、光秀の本当の姿が見えてくる。ここのところ、本能寺の変にまつわる読書を集中的にしているが、読めば読むほど、秀吉~家康、という勝者が徹底的に信長、光秀の姿をゆがめて遺してしまっているという事を痛感する。戦国武将も今の私達と同じく家族と子孫の幸せを思う「人間」なのだ。2018/12/08

いつかはビーエム

8
本能寺の変は日本の歴史の中でも不明な事柄が多くいまだに分からない事が沢山あってとてもミステリアスな出来事なのだそうです。沢山の資料をひも解いて解明して信憑性を高めて事実に近くなっていく。が、それすらも本当にあった事の証明には為らない。歴史はそこを楽しめるかどうか。一読者で良かった、本能寺の変を楽しんで読んでます。 来年はNHK大河ドラマも明智光秀が主人公と聞く。楽しみですね。小生の好きな武将です。2019/01/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13093475

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。